バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう93,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RC211Vのタイヤを考える
バイクのタイヤって高い。  なのでいつも中古をタイヤです。  でも、メリットはあるのですよ。  

色んなタイヤメーカー、と銘柄を楽しめる。  よく、インプレッションとかあるが、ハッキリ言って分からない。

グリップが凄いとか、硬性が凄いなんて分からない。  唯一分かる事、それは、誰でも安全に乗れるタイヤだと言う事。

グリップだの、硬性なんてどうでもいい。   とにかく安全に乗れればそれで良いと思う。   

と、思いません?  だからメーカーは必死です。  なのでみんな、信頼できるタイヤなのです。

かなり試したけど、ハッキリ言って分からない。  各メーカーのタイヤ、グリップはします。 当たり前ですよ。 

だってタイヤですから。

模型のタイヤに行きます。  

タイヤの型抜きは左右でします。なのでセンターに接合ラインがあるのが普通と思います。  

今まで模型のタイヤ、接合ラインを消していた。   

走行後は当然無いでしょう。  でも、新品のタイヤってどうなの? 当然有ると思います。

そして艶出し。 ワックスを塗れば簡単。  でもあえて今回は、自分の手で艶出し。

何を言いたいか?  経年変化を考えると、ワックスは使いたくは無い。 素材を犯すのが怖いので。

ひたすら、こすります。

IMG_0117 (1280x960)


あえてセンターラインは残します。

施工前のタイヤと比較。

IMG_0120 (1280x960)
こんなに違います。  

意義はあると思いますが、あえて、これで行きます。
スポンサーサイト
RC211V ヘッドカバーセンサー製作 
明後日で自分のバイク車検切れます。  ユーザー車検で通しますが。  来週火曜日24日に通す予定なので、

車検の満了日が伸びます。  市役所で仮ナンバー借りる予定です。

さて、久々のRC211V。  再開しました。  こだわっていると完成しないので見えない所はパスします。

でも、見える所にあるセンサーが造形していないので、作ります。

IMG_0127 (1280x960)

ヘッドカバーに付いているセンサー。  何のセンサーかは分かりません。 

 市販車(車)では、こんな所に付いているセンサーは通常ない。

カムの近くなので、エンジン回転数を計るセンサーかもしれません。 分かりませんけど。

製作します。

まずはプラバンを利用します。

IMG_0123 (1280x960)


ベースはこんな感じ。  ここから加工します。

IMG_0124 (1280x960)

取り付けボルトも再現します。

こんな感じ。

分かりにくいですが、取り付け部は、削って段差を付けてあります。

IMG_0125 (1280x960)
配線なんですが、薄すぎて、このセンサー本体には穴を開ける事が出来ません。

よって、センサーの裏側に溝を掘り、ヘッドカバー本体に、見え無いですが、穴を開け、配線しています。

雰囲気はあるかな?と思います。

IMG_0126 (1280x960)
これが、有ると無いでは、かなり違います。

塗装をしました。  

IMG_0130 (1280x960)

フレームとの隙間がかなり少ないので、ヘッドカバーは、エンジンをフレームに取り付け後、接着した方が良いかも。

この部品、外jから丸見えです。 有ると無いでは全然違います。  
ゴールデンウイークは是非南房総へ。
もう少しでゴールデンウイークですよ。  バイクツーリングの計画を立てましょう。  

バイクと言えばクネクネ道を走らないと意味が無いと言う方は多いでしょう。  自分もそうです。 

関東では某、有名な所が多いです。  確かに景色は最高だ。  走って楽しいです。  

ただし、有名なので、当然、色んな人が訪れます。  観光で来る方も多いでしょう。  

と言う事は、道が混む。  折角バイクで来たのにクネクネ道が楽しめない。  そんな方は多いのでは?

そして基本クネクネ道は標高が高い。  山間部なのです。  この山間部で、海鮮丼は基本無いと思います。

地元の素材を生かした山の幸が主だと思います。 これは当然です。 

山奥で、海鮮丼、出されても、いつのネタ?と逆に思うでしょう。 

しかし、クネクネ道はあるけど山の景色は劣る。  でも、道は信号が少ないので、色んな所へ、計画的に

走れる。  そして道は空いている。  さらに山と、海への行き来が簡単。 

クネクネ道を走り、海鮮丼を食べる。  この様な事が簡単に出来るのが南房総ですよ。 

昔は南房総と言えば海沿いを走るイメージが多いが(確かに海沿いの景色は最高ですよ。)

今バイカーの通は、空いている内陸部のクネクネ道を走り、 ここから色んな所へ走り、美味いもんを食べる。 

そんな走り方です。  だから、朝会ったバイカーと午後すれ違いますよ。 

自分のオススメは、鴨川市で展開するおらが丼、主に海鮮丼です。 

やっぱ山沿いのクネクネ道、楽しんで、お昼は海鮮丼。 これが出来ますよ。 

もちろん海沿いですので間違いは無い。  やっぱツーリング目的は美味いもんでしょう?

クネクネ道走りながら、やっぱご当地ラーメン食べたい。 勝浦市で展開する勝浦タンタンメンはどうでしょうか?

むせる辛さだけど、旨みがある。  ラー油でスープは真っ赤だけど。  

自分辛いのは好きでは無いのだけど、クセになる感じで、食べたくなります。 

そして茂原方面のアリランラーメン

やっぱ竹岡系の感じで玉ねぎがあります。  勝浦タンタンメンも玉ねぎを出すお店もあります。

是非南房総へ。  来て下さい。


バイクのフロントブレーキで変わるよ。
ハッキリ言います、バイクは乗るだけで面倒くさいです。  まずUロック外し、車体カバーを外し、重い車体を

動かします。  これだけで面倒だ。  更に周りに気を遣います。 エンジン始動。  

スイマセン。 外国製バイクなので。 うるさいですが。

あくまでも個人的な意見です。 更に言います個人的な意見です。

バイク程、コーナリングを体感するのはバイクだけだと個人的に思います。 

この為に自分バイクに乗るのです。 それだけです。

あくまでも自分の意見です。

コーナリング、ってどう組み立てます?

サーキットを走る訳では無いので色んな状況があります。  思ったよりカーブがキツイ、

と思ったら、路面ガタガタ。 普通はそうです。

フロントブレーキの遊び、少なくすると格段に良くなると個人的に思います。  

あくまでも個人的な意見です。 

自分のバイク、フロントブレーキの遊びは、かなり少ないです。  

この状況だと、フロントブレーキコケが真っ先に思うでしょう。

これから言います。  バイクのコーナリングを制動するブレーキと、

バイクをコーナリングする速度で調整するブレーキとは全く違います。

これを分かった方は、劇的にコーナリングが上手くなると思います。

だから、この遊びの少ないフロントブレーキが個人的に思うコーナリングの醍醐味と思う。

コーナ-の組み立てで遊びがあるとその分時間がロスするでしょう。そこなんです。

あくまでも個人的な意見ですよ。 反論あると思いますが。

あと自分のバイクを信じましょう。  言いますが国産のバイクは乗り易い。

ヤマハR6乗ってみましたが

こんな乗り易いバイク、やっぱ凄いよ。日本の技術凄い。  コケル気がしない。 

と思うと自分のバイクはコケル気が満杯、  マジ難しいバイクだ。憧れで乗らない方がいと思う。

本気で攻めると、凄く難しいバイクだ。
ホンダ VTR1000の生い立ち  
自分のバイクは2気筒空冷エンジンです。  その名の通り、シリンダーが2個しかありません。

しかもシリンダーが交差する角度90度です。 DUCATIのバイクの場合L型エンジンと言います。  

かなり、昔からこのレイアウトです。  今は、スーパーバイク系の場合、V型4気筒になりました。

しかもフレームはパイプを組み合わせたトレリスフレームです。 

IMG_4261 (1280x960)

購入した頃、バイクがハーフカウルなので、フルカウルにしようと思ったのですが、90度L型エンジンが見せ場と思い、

今でも、ハーフカウルのままです。 整備が凄く楽なのもありますが。 

しかも空冷エンジンなので冷却フィン(エンジンシリンダーの周りにある板)も見えますし。

前から言っていますが、自分のバイク、エンジンに、フレームが載っているのですよ。

フレームにエンジンが載っているのでは無いです。  

スイングアームもフレームに取り付けてあるし、やっぱフレームにエンジンが載っているでしょう?

写真では分かりにくいですが、スイングアームはエンジン後端に取り付けてあります。 よってエンジンにフレームが

取り付けてあるのですよ。  この理由。  フレーム自体凄く軽いです。 10キロ以下。 

エンジンもフレーム硬性の一部と考えている為。  

そしてハシゴの様な構造のパイプフレーム。(トレリスフレーム)

この内容はここをクリックしてください。  フレームに関する内容がが凄いですよ。

もしDUCATIのバイクを見た場合見てください。 エンジンにフレームが載っていますよ。 

今、ホンダのバイク乗っていませんが、ホンダのバイクに乘れば間違いは無い。 

この間、息子のバイクホンダダンク

バイク自体凄いのですが、セルモーター回す音がほとんどしない。  キュルキュルとかの音は無い。  

エンジン音も静かなので、エンジン掛かっているか分からない時もあります。 

そして更に凄いのがアイドリングストップ機能も付いていて、再始動の時もセルの音がほとんどしない。 と言うか

ほぼ分からない。  一般的な車の場合アイドリングストップ後セルモーターの音が大きいが、ほぼしない。

これは凄いです。  やっぱホンダのバイクは凄いです。 

その昔、本気でホンダが2気筒スポーツパイクを販売したのですよ。

その生い立ちはここをクリックしてください。 かなり内容は濃いです。

そのバイクホンダ VTR1000

ほぼ1気筒500ccでしょうね。 直4と2気筒エンジンは下からの力は全然違います。 

2気筒エンジンは下から一気にきます。 

だから、コーナー立ち上がりのアクセルの開け具合で、フロント荷重がすぐに抜けます。 

要は低回転からトルクが有るので、フロントタイヤが浮きやすくなる。 

この様に紹介すると良い事ばかりでは? やっぱり一長一短あります。

まず、上のエンジン回転が伸びない。 

エンジンの重心を考えるとコーナリングの安定感は少ないと思う。 

しかし、倒しこみは、スパっと行く。  と言うか鋭すぎる時、やばいと思う時もあります。

でも、自分のバイクの場合、そんなにバンクしなくても、スパッと曲がって行きます。 

逆の意味、安全性が高いと思いますよ。 

 そうするとアマリングが気になりますが、でも、タイヤメーカーでかなり違い、全て端まで普通に

使えるタイヤメーカーもあります。 これからの季節タイヤの温度が上がるので、それなりにバンクして曲がれる

季節になりました。 安全に気を付けて曲がりましょう。

あのホンダが、本気で作った、2気筒スーパースポーツバイク。 今では貴重なバイクでしょうね。

やっぱ2気筒スーパースポーツバイクは良いですよ。