バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう86,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

LEVEL1 FX-BLOG

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RC211V センターアップエキゾーストパイプ接合スプリングフック製作
今年も茂木にてMoto GP 予選、見に行く予定です。  あの爆音 聞くために行きます。

去年行って思ったのが、双眼鏡持って行った方が良いですね。 近くで見れるのですが、あまり近いと全体が見えない。

程よい距離を考えると、双眼鏡を持っていた方が良いと思いました。 

今年は、ホルヘ ロレンソがDUCATIに移籍です。

凄く期待が持てますね。 直4エンジンから、V型4気筒エンジンになります。 M1はもともと不当間隔爆発のエンジンなので、

特性はV型エンジンに似ていると言います。 これはヤマハ市販車の R1と一緒です。 (現在の場合)

音を聞くと、明らかに普通の直4エンジンの音と違います。 どちらかと言えば、V型エンジンの排気音に似ています。

あと、フロントウイングの禁止。 2016年で見納めでした。

DUCATIはフロントウイングも塗装をして、やっぱイタリア車だと思いました。 

RC211V 今回は外装で見える部分のみ、加工します。 当初、完成したら売ろうと思いましたが、やっぱやめます。

こんなレベルでは、購入した人に申し訳ないので。  ロッシ機を自分でコレクションにします。 

Moto GP元年のチャンピオン車なので。 

センターアップサイレンサーのエキゾースト接合部に、スプリングが見えます。 外観から。

IMG_5944 (800x600)

ちょっと分かりにくいですが、見えます。 これは2006年車。 2002年はもう少しサイレンサーステーまで

伸びているみたい。

IMG_5946 (800x600)

鉛筆で、位置を記入します。

スプリングフックを白洋線で自作、取り付け。


IMG_5950 (800x600)

こんな感じでチラッと見えます。

IMG_5951 (800x600)

やっぱ、バイクはエキゾーストパイプが命。塗装していないけどね。

IMG_5952 (800x600)

下のサイドサイレンサーも、ノーマルと取り付け方法と全く違います。 

この方が本物っぽいでしょう。
スポンサーサイト
RC211V ヒートガード
 

阿部典史残念ながら事故で亡くなりました。  (レース中では無いです)

凄く有望なライダーでした。 果敢に攻めるライダーは、あのロッシの憧れだったらしい。

ろっしふみがんばって。 のロゴ見た事あると思います。

IMG_5943 (800x600)
自分はシュワンツが好きかな。 車のナンバープーレート 34にしたいが、却下だろうな・
RC211V リヤセンターサイレンサー仮組
自分のバイクは、空冷2気筒904cc (オイルクーラーはありますが)L型 OHC2バルブエンジンです。 そして80馬力です。

バイクに興味ある方は、こんなデーターの場合、昔のバイクで、とても魅力感じないでしょう。 確かに自分でもそう思います。

一応、ss900が付くので、スーパースポーツのバイクです。  DUCATIでは最後の、空冷スーパースポーツとなりました。

でもねスペック以上に、このバイクは速い。 国産のスーパースポーツには負けますが。 

下からのトルクは4気筒には無い、感じだと思う。 確かに1気筒452ccのビッグボアですから。

常にアクセル全開できる。  エンジンパワーを使い切る楽しみは空冷スーパースポーツの楽しみです。 

エンジンパーワーは使いこなせるのですが、肝心の、コーナリング。 やっぱ難しいです。

ゆるく走る分には、どのバイクとも変わらない。  本気モードで走ると、名前がssなので、ガラッと変わる。

前から何回も言っていますが、コーナリングの安定感は自分で作れと言う感じのバイクです。 

でもね、これがバイク本来の姿と言う説もあります。

センターアップサイレンサー カッコいいですね。 しかし今は、新車の市販車では無い。 コーナリングの関係と思われる。

でもGPはプロが乗りこなすので、この関係は意味がない。 

仮組です。
IMG_5938 (800x600)
この写真を見ると凄いです。 蛇のどぐろ巻いているみたいです。

IMG_5939 (800x600)
やっぱプロは凄い。 今まで塗装は単体で全て塗装。 これがNGと気づいた。 

塗装の厚みって意外とバカにならない。  その厚みで外装が浮くのです。

この写真を見ると浮いていない。

今回、組み立てた状態で塗装してみた。 

IMG_5940 (800x600)

こんな感じです。

IMG_5941 (800x600)
ちょっと浮いております。 今回はエキパイ部分を削れば違和感無くなりそう。
模型製作
最近模型製作のモチベーション下がっております。 楽しんで模型製作できない。なんだろう。 ちと辛い。

ノーマルキットのディテールアップ確かに楽しがその先がない。

やっぱこれを作るしか無いか。

トレ5

トレリスフレームです。 全てプラ棒にて製作。 自分のバイクも同じ感じですが、ここまで内側に補強は入っていません。

でも、トレリスフレームは綺麗です。 

エンジン後端にリヤスイングアームが付くのです。 これは自分のバイクと一緒。 

サスペンション形式も自分のバイクと一緒。  カンチレバー方式

エンジンは単気筒エンジンです。 上に膨らんでいるエンジン部分は、ダミーコンロッド部分。

このバイクは市販レーサーです。 おそらく本物は見る事無いでしょう。 それはスーパーモノ

スイングアームの上補強部分は全てプラバンにて製作。 この部分凄く自分のバイクと似ています。

この写真。 真ん中のシリンダー無い所以外、凄く自分のバイクと似ている。 
南房総地域においでよ。
新潟出身、新潟育ちです。 しかも雪が半端ナイ地域で育ちました。 冬はもちろん、オンロードバイクなんて乗る事も無理。

冬眠状態が普通。 何もかも真っ白の世界。 大変な事ばかり。 でも最初から、そこで育つとそれが当たり前になります。

屋根の雪下ろし。 子供の頃からやっていました。  コシキと言って、木で出来たスコップのような物で、雪を切り、4角に

して、投げたものです。 なぜ木なのか? それは屋根本体を傷つけないため。 

意外と雪下ろしは、体が熱くなり、Tシャツで作業の時もありましたよ。 時代と共にスノーダンプで雪を下すのがメジャーに

なり、コシキは細かい所のみ使う感じだったと思います。  でも屋根に上がっている時、普通の長靴はNGですよ。

滑って転落します。 長靴にかんじきと言う物を着けないと危ない。 

雪下ろしが終わった後どうすると思います?(今の雪国仕様の3階建てはNG危ない)屋根からダイブします。 

だって雪を下に下ろしたので、下は雪がいっぱいなので。 雪国いた頃は、よく高い所からダイブしたものです。

懐かしいよ。 

しみ渡り。 地元ではそう言っていた。 なんの事かというと、雪がすごく降れば、当然凹凸感が無くなるのは

原理的に分かると思います。 俗にいう雪の平原になります。 その後雪が止み、晴天が続くと、当然雪の表面が解けます。

こちらでいう放射冷却が進むと、雪の表面が固まります。 子供の頃は体重が軽いので、雪の表面を歩けるのですよ。

月夜は月の砂漠では無いですが、一面白い砂漠が広がり、どこまでも歩けるのです。(大人は無理です。)

こればかりは観光で行こうとしても、かなり無理かも。 でも実現できれば、お子様は一生の思い出になると思いますよ。

しかも雪で音が吸収されるので、シーンと何も音がしない。 関東でも雪が降ると途端に雑踏が少なくなるでしょう。

それと一緒。  

今は、千葉県木更津に住んでおります。 すごくいいですよ。 アクアラインはすぐそこ、高速バスは凄く充実しており、

東京行くには、バスの方が快適。電車の場合。時々出張の人等 特に男性の方は慣れない通勤電車乗って、何かに巻き込まれる

可能性もあるので。 

家族もそうですが東京行くにはすべて高速バスを使用しています。 だってゆっくり座席に座れますので。

快適そのもの。 指定席は無いし。 

雪がほとんど降らない。 これほど快適な事は無い。 

南房総地域全体好き。 バイク(自転車)乗るおじさん頑張っていますが、これ普通に見れる光景です。 

ロードバイク女性、問わず、この地域多いですよ。  すごくいいビデオです。 ぜひご覧ください。

ここをクリック