バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう88,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

LEVEL1 FX-BLOG

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



デジタル マルチ テスター
人事異動に伴い、今まで、前の営業所では、共用工具があった。  共用工具とは、お高い工具です。

プロが使うので、安い工具では無いです。    その工具の一つ、デジタルマルチテスター。 

車は電気部品を使っていますので、電気系トラブルシューティングの時はこれが無いと仕事になりません。 

そして、この共用工具のお値段。 何と¥60,000以上。 確かに色んな機能があり使いやすい。

個人的には買えないです。 そこで、同僚の工具を借りるのも申し訳ないので、思い切って、

共用工具とメーカーは一緒のフルークの製品を買いました。 流石に¥60,000の物は買えません。 

でもテスターとしてはお高いフルーク117マルチ メーター約¥26,000です。 一生物だと思えば安い物。

工具って安い、高いに限らず、(自作もあります。)良い物は、その工具によって、プロとして、いい仕事が出来るのです。

製品って目に見えますが、作業料って目に見えないですよね。 ここなんです。 

自分はベテランの分類ですが、でも自分も見習いの時がありました。 これも医者と一緒でいつかは実車(人)を触るしかない。

今、新人がいますが、とにかく教えるしかない。  昔みたいに技術を盗め、なんて言っている場合では無い。 

その新人にも、いい仕事しようと言っています。 当たり前ですが、プロの自覚って1年ぐらいかかるのでは?

新人に目には見えないサービスを教えています。 目に見えないからこそ信頼関係が必要だと思う。 


スポンサーサイト
奥多摩ツーリング
今年初めての県外ツーリング。 と言っても、お隣の東京都ですが。 県外ツーリングでは、ほぼアクアラインを使います。 

凄く便利です。 神奈川県横浜市はすぐに行けます。   逆の見方をすると、神奈川県の方や東京都の方が、アクアラインを

利用すれば、小さいお子様がいる家族には凄くいいマザー牧場は、すぐに行けます。 

意外と知られていないコテージもあるので、家族でのんびり、お泊りも出来ます。 持ち込み自由ですから。 

勝浦市等で展開するご当地グルメ勝浦タンタン麵も圏央道が出来たので、鶴舞インターで降りればすぐに行けます。 

最近カップラーメンも出来ましたが(割と味は似ている)やっぱ本場の味を楽しみましょう。 スープをすするとムセますよ。

これも色んな、お店があるので、楽しみも増えるのでは?

そして千葉南房総に来たら海鮮物でしょう。  

今度は、勝浦市のお隣鴨川市で展開するおらが丼は海鮮物好きにとって最高です。 

ここも加盟する各お店により丼物が違います。 是非ご賞味あれ。

千葉南房総地域も良いですよ、信号少ないし、意外とクネクネ道はあるし美味い海鮮物はすぐそこ。  

やっぱ美味いもん目当てにツーリング計画を立てましょう。  是非千葉へ。 

今回の目的地、奥多摩方面。  当然、海の海鮮物は少ないと思う。 でも川魚は多いと思われる。 

去年年末、地元養老渓谷で食べた釜飯 一献個人的に凄く美味しかった。 

食べログ等では評価悪いが、こんなに美味い釜めしは初めて。    そして今回の目的地、山なので、やっぱ釜飯でしょう。

そこは釜めし なかい割と有名みたい。   今回そこを目指します。

今回、参加メンバーは4名。  待ち合わせ場所、海ほたる2論駐車場。 朝9時待ち合わせ。

何も食っていなかったので、朝から朝ラー。

IMG_6468 (1280x960)

海ほたるの立ち食いそば かずさでアサリ塩ラーメンを食べました。アサリの旨みもあるスープなので、 

 あっさりしていて、朝からでもイケますよ。

今回のメンバーの車両詳細。 自分の車両は割愛します。

まずはバイク仲間 K所有のヤマハ YZF R25排気量は250ccですが、今回行く奥多摩では、最強かも。

その理由。 まず直線の道が少ない。  すなわちパワーのある大排気量バイクに引き離される、時間が短い。 

次、タイトなコーナーが多い。 と言う事は、切り返しが多く、コーナリングスピードは速くは無い。 

また更に、今の250ccのバイクは、2気筒エンジンや単気筒エンジンが多いので、下の力はおそらく昔の4気筒エンジンより

力はあると思う。  そしてエンジンがスリムですと、切り返しが速く行える。 

そして最大のメリット、パワーを使い切れる。  おそらく奥多摩で走っているアンダー400のバイクの人は分かると思う。

次の参加メンバー バイク仲間 Sのスズキ TL1000S凄くじゃじゃ馬なバイクみたい。  

自分のバイクと一緒で2気筒Lツインエンジンです。 

排気量は1,000ccです。  Sのバイク乗った事があるのですが、下からの力、ハンパ無い力があります。 

約100ccの差はありますが、それでも、良かったな~。  でもブレーキ関係が、弱い感じ。 

コーナーを攻める上で、ブレーキが弱いと、コーナリングの予測対応が出来ない。 

リヤブレーキはノーマルでいいので、フロントをブレンボキャリパーで、更にブレーキラインをメッシュホースに替え、

ブレンボのラジアルマスターに替えると、凄くコーナリングを楽しむ事が出来るバイクだと思う。 

コーナリングの特性は自分のバイクに似ています。 

次はカワサキ ゼファーx乗りのIさん。 最近空冷ネイキッド4発はお値段が高いらしい。  排ガス規制で無くなる傾向にあります。 

自分のバイクも空冷2気筒エンジンなのですよ。 

外観はエンジンのシリンダー部分に放熱するための冷却フィン(板)があります。  当然走行しないと、今の時期、エンジン

温度が上昇します。 水冷エンジンにあるラジエーターはありません。 そしてラジエーター冷却ファンもありません。 

ですから、渋滞はかなりエンジン温度が上昇します。 今回渋滞はすり抜けしました。 

自分のバイクはラジエーターは無いですが、エンジンオイルを冷却水の代わりにエンジンオイルを住環させ冷やす、

オイルクーラーがあります。  ちなみにIさんのゼファーには無かったです。 

おそらく排気量による放熱量が少ない為と思われる。 

今の時代、空冷エンジン魅力無いのでは?  冷却性は劣るし、パワーが無い。  自分もそうだと思います。

最近のスーパースポーツ系は、冷却効率の関係か、エンジンのシリンダー本体が外から見えないと思います。 

これは、水冷エンジンなので、カリング内側にある、ラジエーターに走行風が、当たるようにして、その抜けた熱気を、

効率よく、放熱する為、カウリングサイドに、大きな穴があると思います。 そこが、放熱する部分です。

あと、ツインスパーフレームも、冷却の一部としています。  なのでスズキ隼等は、夏場、太もも部分が物凄く

熱くなるようだ。 逆に冬場は、暖かくていいかも。   Iさんにゼファー熱いか聞いてみたら、直列4気筒エンジンなので、

そのまま冷却フィンを通過した放熱の熱が、下半身に当たり、それなりに熱いようだ。 

対する自分の空冷エンジンは、縦置きL型エンジンなので、意外と熱は気にならない。  

夏場良いと思いますが、冬場が寒い。   

空冷エンジンの魅力。 それは、シリンダーにある冷却フィンが見せ場。機能性もあるが、デザインも考慮してありますよ。

だって、ぱっと見、フィンが見えますので。  そして程よいパワー。  

奥多摩でIさんのゼファー乗ってみた。 コーナーを攻めるバイクでは無いです。 

久々の4気筒エンジン。 自分のバイクL型2気筒エンジンと特性が全く違います。  

コーナリング中の安定感は、凄いが、コーナーの侵入から一気に倒す工程が、スパット行かない。 

自分のバイクと相反する感じ。 自分のバイクはスパット倒れこむが、コーナー安定感は自分で作らないと、

いきなりバイクが急にインに倒れこむ時がある。 ここが凄く難しい。  

それとやっぱブレーキ。性能は良いと思いますが、峠を攻める仕様では無い。  フロントブレーキシステムを替えると

凄くコーナーリング面白くなると思いますが、そのようなバイクでは無い。  のんびり楽しむバイクだと思う。

こういうバイクも欲しいのですが、でも2台持ちは無理なので諦めます。 

バイクのエンジン形式って面白いのですよ。 コーナリング特性が形式によって違うのはすぐにわかります。

今回のメンバーエンジン形式。 L型2気筒空冷エンジン。 並列2気筒水冷エンジン。 L型2気筒水冷エンジン。

並列4気筒空冷エンジン。  

IMG_6469 (1280x960)

ここは中央道石川パーキングエリアにて。 Iさんのゼファーは3台の後ろに見えます。 

今日は暑い。  そして夏の交通安全週間。 安全運転で行きましょう。  

今回の目的地、奥多摩地方にある釜めし なかいを目指す。

中道八王子ジャンクションから圏央道、青梅方面へ向かい、日の出インターで降り青梅方へ。少し行くと、奥多摩方面の案内が

あります。  そこを左に。  そしてそこそこの距離をはしると、なかいの看板が見え、そこを右折します。  

案内看板は多いので、迷わす、行けそうです。 でも途中、凄く細い道になり不安になりますが、そこを超えるとあります。

お店の上側に駐車場がありまが、車高の低い車は、間違いなくフロントバンパー削ります。 

駐車場まで行くのに、急に細い道で更に坂の勾配がキツイ。   シャコタンのお車は手前に第二駐車場があります。

IMG_6479 (1280x960)

ここの第1駐車場。 バイクでも、驚いた行くまでの、急な坂。 車の場合は気を付けてください。

ネット上であまりこの坂の事が載ってないので、改めて車のお方は気をつて下さい。

お店の雰囲気は最高です。 
IMG_6477 (1280x960)


小さなお庭も手入れが行き届ております。

昔のお店なかんじ。 と言うか、古い家を改装したと思われる。

靴を脱いで上がる方式で、基本座敷です。  木の節目部分と思われる所に、穴が開いたテーブルあります。

IMG_6472 (1280x960)
この穴に物を落とす事は無いと思いますが、気を付けましょう。

メニューです。 

IMG_6470 (1280x960)

きのこ釜めしを注文。

IMG_6474 (1280x960)

写真で見ると少ない様に見えますが、実際は量が多かった。 (個人的な意見です。)

初めて食べた おこわ状の釜飯でした。   水たきも美味しかった。  コンニャクの刺身、そのまま、わさびを付けて食べる

のか分からず、刺身の様に醤油を付けて食べました。  
 
美味しかったです。  写真で見える釜めしの上に見える白いもの。

食べるまで、里芋の煮つけ一品と思っていたのですが、何と饅頭でした。 普通の饅頭では無かったです。

美味しかったのですが、中身何かは忘れました。

店内は凄く雰囲気は良いですよ。

IMG_6476 (1280x960) (1280x960)


玄関はこんな感じ。 冬来ると良さそう。  今回のお店、田舎の家みたいな感じで、良かったですよ。

そして、奥多摩周遊道路は楽しみました。 ここはテクニカルコーナー。  排気量600cc以下のバイクの方が速そう。

また行きます。  そして晩御飯。  海ほたるのフードコートにて。

やっぱり最後はラーメンです。

IMG_6481 (1280x960)


今年の夏休み、今年も新潟へ、バイクで帰ります。 本場の青島食堂ショウガ醤油ラーメンを食べたい。

去年3杯食べました。 アラフォー以上の人には、凄く美味く感じるラーメンだと思います。  楽しみだ。

支店が秋葉原にあります。  
7月12日(火)は奥多摩ツーリング
かなり最近、暑いが、やっと奥多摩ツーリングだ。

仕事は、一生懸命仕事をして、皆さん休みの日は趣味を楽しみましょう。  

バイクを買ったら、まずしたい事は、ツーリングでしょう。 気の合う仲間で、美味い物を目指し旅をする。

色々ツーリングをしてきて、面白い物、それは地元のスーパーマーケット。 意外と思うかもしれませんが。

そのネーミング。  木更津の地域では尾張屋(おわりや)がある。  他の地域では見れない。 

 スーパーマーケットは国道沿いに多いので、色んな地域のスーパーマーケットを見る事が出来るでしょう。

それと新潟にいた頃、気にしなかったのですが、信号機です。 何それ? 一般的に信号って横置きですよね。

新潟の豪雪地帯に住んでいたので、信号機が縦置きなのです。 こちらでは、補助信号灯は縦置きですが、

向こうでは普通に縦置きなのです。 こちらの補助信号灯はカーブにあるので、縦置きで無いと、一瞬の判断が難しい

為だと思われる。  それならば、向こうもカーブが多い為?  おそらく雪の季節、信号機に積る雪が重い為、

縦に替えたと推測できる。 それと視認性もあると思う。 木更津地域で大雪の時、信号機って見にくい感じでは無かったですか?

横だと均等に雪が積もるので、視認性が悪化する。  しかし縦は上部は多少視認性は悪いが下は悪くないと思う。

この様な所を見るのもツーリングの醍醐味。 やっぱ違う地域に来たのだと改めて思うでしょう。

そして、やっぱご当地グルメを目指すのも、ツーリングの醍醐味。 

ツーリング初心者で、千葉南房総地域を旅して、美味い物を食べてみたい。  

それならば、鴨川市で展開するおらが丼はどうでしょう。 色んなお店のおらが丼を食べ比べするのも良いでしょう。 

ここは125ccのバイクバイクでも、金谷港を降りて長狭街道を行けば、すぐにたどり着け、美味いもんを堪能できます。

125cc以上のバイクですと、アクアラインが使えますが、土日、夕方の渋滞は辛い。  

料金の面では多少お高いですが、東京湾フェリーはどうでしょうか?まず渋滞は無い。 しかし荒天場合は運休があります。 

ツーリングの計画として、まず、昼で、おらが丼。 そして夕方、勝浦で展開する勝浦タンタン麺どうでしょう。

鴨川市と勝浦市は隣なので、その間の時間を作り、違う所を旅して、夕方勝タンは良いプランだと思います。

そして渋滞の無いフェリーで帰る。 いいじゃないですか。 

あす、本格的なツーリング計画を立てます。 この作業、割と面白いです。 

久々の県外ツーリング。 この間地元養老渓谷で食べた釜飯が凄く美味かったので、釜めしなかい食べ比べも良いかな。

凄く楽しみだ。
色んな事情があろうが諦めるな。
自分の家庭は、今思えば、普通より貧しかったかも。 兄弟4人で、お金もかかったと思うが、両親は前向きな家庭で

お金のことは一切話さなかった。 しかし、整備士の専門学校希望の時は、さすがに断ってきた。 

家庭の事情ではしょうがない。  でも当時、整備でも見習いから入れた。  

資格を取るとは凄く大変。 まず半年間日曜日に、朝から晩まで講習。 当時、仕事が休みの日でした。 

基本休む事はNG。  とても厳しい。  そして試験。 ガソリン3級は1回で受からないとNG。

ガソリン2級になると、更に、たしか2年の経験が必要。 また同じように半年間講習。

ここは、かなり難しい。 1回で受かるのは難しい。 でも何とか1回で合格。   

そして、車の車検って誰が合否の判定しているか?それは、自動車検査員なのですよ。

この資格を取るにはまず、事業所の推薦が必要。 そして当時2週間で法令及び実務を学び、試験。

そしてこ、の期間はいかなる理由でも遅刻は認めない。 とても厳しい期間でした。  

その理由は、みなし公務委員となるため。 事業所で法令違反した車は絶対受付すらしてはならない。 

知合いですからお願いしますよーもダメ。 凄く厳しいのですよ。 もし違反だと分かって受付してその後、

街頭検査で引っかかったら、その事業所は、まずかなり凄いペナルティが課せられます。

指定停止(民間車検場)又は取り消しがあります。 それ程厳しい規定なのですよ。

みんな諦めるな。 家庭の事情もあるが。自分は高卒で実は商業科卒なのです。 

要は、自分の目標に行くこと。 それが見習いでも。 何とかなります。 やる気です。

18歳で見習いから26歳で検査員資格取得できたのですよ。

諦めるな。 資格は一生物です。 

IMG_6466 (1280x960)

この紙1枚が証明書です。  裏には検査員の心構えが。

IMG_6467 (1280x960)

諦めるのは簡単、それはいくらでも言い訳できるから。 でも資格を持つのはある意味、武器ですよ。

こんな見習いから検査員の資格まで取れたのですから。 諦めない。
ブリジストン BT023R  リヤタイヤ交換
タイヤは色んなメーカー、パターン等を使用してきました。 ハッキリ言って、みんな凄いタイヤだと思う。

たかが80馬力のバイクなのでそうかもしれませんが。  そして80馬力だけど、意外と下は力ありますよ。

今日は曇りだが暑い。 意外と手組のタイヤ交換、力を使います。  今日は全体的にビート部分が固かった。

IMG_6460 (1280x960)
リヤホイール外すのは、10分から20分で完了。 

そしてビートブレーカーでビートを落とします。 

更に、まず、タイヤを1面外します。

IMG_6461 (1280x960)
ここまでくると、手で外せます。 

そして完全に外すのに、今回ちょっと時間がかかりました。  外すタイヤのビート部分が固かった。  


何とか外れました。

IMG_6462 (1280x960)
 
新しいタイヤを最初に入れるのは、工具は使いません。 そのまま一気に押し込むと、すんなり入ります。 


最後の組み込みは、タイヤのビート部分がホイールのビートが収まる部分にあると、タイヤが入りません。 

タイヤを潰すのが、上手く行くコツ。  この時タイヤが凄く変形しますが、気にしない。 

そんな変形でダメになるタイヤは最初からダメです。 

IMG_6463 (1280x960)

タイヤが入りました。 今回も車載用エアコンプレッサーでビートが上がりました。

 嘘だと思いうかもしれませんが、ビートは上がります。

ただし、車のエンジンを掛けておき、エアバルブのムシは抜いた状態にします。 

そして、タイヤのビートは入りましたが密着させるには少し走るしかない。

ホイールバランスは、このバイクの場合、必要ないみたいです。時速 300㎞で走行するのでは無いから。

軽く走ってきました。 サイドは全く使えていない。

IMG_6465 (1280x960)

バリ山のタイヤだ。

どうでしょう?自分でタイヤ交換。 リスクはかなりあります。 少なからずリムには傷が付きます。 

でも、割り切ると自分でタイヤ組み込んだので、達成感はありますよ。 

中古タイヤ、色々と試せる。  でも冒頭の様に、メーカーが必死で作ったタイヤ、悪い訳がない。 

でも、ある国のタイヤは未だに試していませんが。 ちょっとその勇気は無い。 新品で安いけど。