バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう93,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RC211V ヘッドカバーを塗装する
第二次世界大戦の戦闘機(P51ムスタング等を除く)や戦車でピカピカな塗装の車両は無いと思います。  

当たり前ですけど、光が車両に反射すれば、敵にすぐ見つかります。  ほとんど艶消し塗装だと思います。

命掛かっていますので。

レーサー車両= 艶々な車体と思いつくでしょう。  もちろんスポンサーがあるので、見栄え重視です。

しかし最近、海外メーカーのMotoGP機、半つや消し塗装の車両が多い。  DUCATIやKTMがそうです。

塗装の状態はここをクリックしてください。

塗装をする側として、模型で製作をすると、艶有りより難しい。 塗装自体は難しくは無いが、カウリングなので、

当然、手で触ります。 表面をマスキングテープで全体を保護していれば、大丈夫かもしれません。

でも、全体の調整具合いを見るには、マスキングテープ越しには、難しい。  艶消し塗装は触れば触るほど、艶が出ます。  

要するに、塗装の凹凸面が、触る事により、平らになる為。

だから、折角綺麗な半つや消し塗装をした車両なのに、触っているうちに、所々マダラになる危険性はあります。 (模型)

ここが艶消し塗装の難しい所。(外装)

バイクのエンジンも割と艶の無い塗装のエンジンが多い。  

前回失敗した塗装。  塗り直しました。 ヘッドカバーその他。

IMG_6740 (1280x960)
おそらく素材は、シリンダーと違うと思う。    

色は近いかもしれませんがNGです。  それは、まだ艶があるので。

とにかく艶を無くしたい。  また色を作るのか?いやその上からフラットベースを塗る。 

IMG_6741 (1280x960)


砂吹きをしてやってみました。

IMG_6742 (1280x960)
ちょっと分かりにくいですがかなり実物は違います。  それはなぜか?  元の素材色、それはメタリック。

金属色なので光を反射するから光る。  そこにフラットベースで光の反射を抑えたので、いい感じです。  


スポンサーサイト
鴨川スタンプラリー  かもらり  に参加する。



仕事をしています。  仕事があるだけマシと思いましょう。   でも機械では無いので、心の中に不満がある。

俗に言うストレスです。  心配しないでください、誰もあります。  

そんな時はうまいものを食べに行きましょうよ。  

人生のスパンは一緒です。  どれだけ行動を起こすかが、休日の使い方。 

普段仕事で疲れているので、1日中、寝る。  これもありです。 何も言いません。

普段仕事で疲れているが、バイクで美味い物のを食べに行きたい。

これです、やっぱ。   ここ南房総地域は、これから紅葉が楽しめます。

いま、鴨川で、11月から鴨川スタンプラリーかもらりと言うイベントを展開しています。  県外から来る方にもメリットがあり、必ずしも、

飲食店限定では無い事。  コンビニとかガソリンスタンドも参加していますので、1日でスタンプ完了できます。

まずスタート地点に選んだのが、君津市鹿野山九十九谷公園です。

週刊バイクTVに出ています。  標高343メートルで、この様な景色です。

IMG_6734 (1280x960)

昨日、雨が降っていたので、もしかしたら朝早く行けば、雲海が見れたかも。

IMG_6736 (1280x960)
今回のお勧めルートは、クネクネ道が続き、鴨川の長いトンネル手前の信号まで、おそらく信号機が4個しか無いと思う。

という事は、走りに専念できます。  

道中、富津市志駒にあるもみじロードを走る。

クネクネ道が多く、これからもみじの紅葉が見れます。  まだ完全では無いですがこんな感じ。

IMG_6732 (1280x960)
IMG_6733 (1280x960)
この道、これから凄く綺麗な紅葉を走りながら見れます。

本格的になると写真を撮る方が多くなりますので、事故は気を付けてください。

平日休みの特権。  道はガラガラ、気持ちよく走れます。 

目的地は、鴨川の長いトンネルを抜けて鴨川市内に行くとあります。

お食事処まつもとです。

ここのチャーシュー丼を食べる。  会計の時スタンプカードをもらいます。

IMG_6738 (1280x960)
パンフレットもついでに頂きます。
IMG_6739 (1280x960)


お店の外観は、こんなかんじ。

IMG_6727 (1280x960)

入り口です。

IMG_6726 (1280x960)

店内は凄く綺麗です。

丼物メニュー。

IMG_6723 (1280x960)

チャーシュー丼¥900を頼む。お新香、味噌汁、小鉢付き

IMG_6725 (1280x960)

どんぶりからはみ出るサイズ。  写真には無いですが、チャーシューの下にもやしが入っていて、

これがシャキシャキしているので美味い。  もう少しタレが多ければ良かったかな~と思います。

注文の際、タレ増しって、あるのか分からないけど、あれば最高かな。  チャーシューは美味しかった。

小鉢もあり、お新香も美味しかった。  味噌汁も美味い。  お勧めなお店です。

美味いもん食べて、また明日頑張りましょうよ。 


Honda Racing THANKS DAY
ホンダのバイクは乗っていないけど、12月3日にツインリンクもてぎで開催されるホンダ レーシング サンクスデイが、今年は

無料で入場できます。  駐車料金は掛かりますが、入場無料とは行くしかない。

生マルケスやペトロザが見れます。  普段、傍では見れないファクトリーマシン。 

去年行った時、生まれて初めて、F1の排気音聞きました。  この音聞く為にサーキットまで行くのでしょう。  

是非、お時間がある方は行ってみた方が良いと思います。  
バイクのフレーム
バイクってエンジンの形式で特性は、かなり変わります。 自分のバイク、通称L型ツイン。

3000回転以下は使い物にならないけど、4000回転から、盛り上がり、一気に力が湧く感じ。  

そのまま力はフラットな感じが、特性。  なのでピークが感じにくい。  と言う事は、いつの間にか凄い

スピードが出てるので、気を付けないと。
  
これからバイクに乗る人や、バイクに興味があるが、バイクのどこが外観から判断できるか。  

もちろんネイキッド系とフルカウル系は外観上違います。  でも見て欲しい所があります。  そこはフレーム。

とりあえず、この記事を見てください。

色んなのが、外観から判断できます。  

一般的によく見るのが、ダブルクレードルフレーム。 よく見るとフレームにエンジンが組み込んであります。

そうでしょうね、だって、駆動部分のエンジン。  フレームで囲まないと、まともに仕事出来ないでしょう。

リヤスイングアームの力も受け止めてもらわないと。  

この場合フレームにエンジンが載っています。 確かにそうだ。  

でも、自分のバイクは違います。 エンジンにフレームが載っています。

IMG_6669 (1280x960)
この間の写真ですが、フレームをよく見るとパイプにより三角で、組み立てていると思います。 

これがトレリスフレームと言います。  しかも場所ごとにパイプの太さが違うのです。  

そして、フレームにリヤスイングアームはつきません。エンジン後端に接続されています。 

ここがDUCATI パンタ系(パンダではありません。念のため)の凄い所。 

何でこんな事をするか?  それはエンジン自体フレームの補強と考える為。 それにより軽量化が出来る。

だからエンジンフレームが載っているのです。

まだ、完成に至らないスーパーモノ(自作)このフレームを見ると分かり易い。

IMG_6720 (1280x960)
自分のバイクと一緒でリヤスイングアームがエンジンの後端に付いています。

この理由。  L型ツインのフロントバンクのシリンダーが前に出ている為。

この様になるとフロントタイヤとの間隔を開けないといけないので、ホイールベースが長くなる。

出来るだけ、ホイールベースを短くする為の、仕組です。  

そして、構造的見て欲しい所。  それはリヤサスペンションの構造。  当たり前ですが、この部品の役割は路面の凹凸に

きちんとタイヤが接触していないと、滑ります。   この役割を果たすのが、リヤショックユニット。  

自分のバイクは、カンチレバー方式と言って、1本のリヤショックで、フレーム後端と、スイングアーム上端に繋がれています。

写真にリヤショックは載っていませんが、黄色く囲った部分にあります。

IMG_6715 (1280x960)


バイクの構造って、見れば意外と面白いですよ。 その辺に止めてあるバイク、怪しまれない程度に見てみては?

きっと意外な発見があるかも。



DUCATI 888スーパーバイクレーサー  シートとタンクの隙間を考える。
バイク模型、作るのは楽しい物です。  ベースキットがあまりにも、かけ離れた場合どう思います?

やっぱバイクに乗っているので、ここは明らかに違う。  メーカーではコスト削減したかもしれません。

おそらくバイクを知らない方はそんなものかと思いますが、外せない所は、メーカー努力でやって欲しかった部分。

タミヤにしては凄く残念な部分。 それはタンクと、シートの隙間。  これならば単純に溝をより多く掘り、隙間に黒の色を流せば

解消するでしょう。 

しかし本題はそれでは無いです。  実はリヤシート側に、ある程度隙間が無いと、おかしいのです。

ここなんですシングルシートのあり方。  ここを抑えるだけで、かなり印象が変わると思います。

でも、このスライド金型、凄いです。  でもね、違う所は、小細工しましょう。

IMG_6712 (1280x960)

この、くたびれた感じのバイク専門誌、バイカーズステーション、2002年3月号です。 

なぜ、ここまでになったか?  それは、DUCATIのスーパーバイクの歴史と、写真による、資料が多い為。  

しかもブックオフで¥200で購入。  かなり元は取れましたし、これからも活用できます。  

あまりタミヤ DUCATIの スーパーバイクレーサーの資料は少ない。  この本誌には写真が多い。

IMG_6709 (1280x960)

なかなか見る事の無い、実車写真。

よく見て頂きたい。  タンクとシートの隙間。  

IMG_6710 (1280x960)
これが正解の写真。  

ちなみにタンク後端はこんな感じに、取り付けされてあります。

IMG_6711 (1280x960)
ちょっと年式は違いますが、参考に、なるのでは?

スライド成型の技術は凄い。 でも、こんな感じでは、半減する。

IMG_6713 (1280x960)


まあ、反対側は加工の跡が写っていますが。

自分は一度このモデル作っています。  

そしてモデラーGP2010で参加していますが、完全なタンクとシートの切り離しは、かなり難しい。  やめた方が良い。

なぜ、完全な切り離しで、ガソリンタンクの固定で来た理由。  

それは、仮説ですが、フレームに加工されている、フューエルラインが左右にあり、ここを増設して固定しました。

それとリヤ後端はフレームを加工し、更にタンクも加工して実車みたいに取り付けました。  

3点固定出来たので上手く行きましたが、やっぱ面倒くさいです。 

タンクの下側は丸く加工する必要があります。  これをするだけで、かなり、良くなります。

こんな感じに削ってやれば、上手く行きます。

IMG_6707 (1280x960)

ここをこんな感じにするだけでかなり違うと思います。  このモデルはここを把握したい所。 

こんな感じでは、強度が心配。 後日アップします。 

あと、ゼッケンの白デカールは型紙と思うべし。  赤い細いラインは赤いデカールで対処する。  そうすれば、かなり、いい感じの

DUCATIの888スーパーバイクレーサーが出来上がります。 白デカール透けます。  意味が無い。 

他にも色々ありますが今日はここまで。