バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう93,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



息子の大学が決まった
息子の大学が決まった。  神奈川の工業系の大学だ。  本日、見学を家族で行ってきました。

今の若い子は、車に興味が無いと言う。  もちろんバイクもだ。  そんなのにお金掛けるなら、スマホや、

パソコンにお金掛けた方が良いと。  移動手段は?電車やバスで良いみたい。  確かに環境には良い。

でも何か違いません?  自分で車を操縦する楽しさ。  まだ車の免許持っていない息子に、 よくあのクランクで

障害物があるカーブ曲がれるね?と言われる。車の免許を長年持っている方は分かると思いますが、見切りが出来ます。

何となく曲がり切れると分かるのです。  ギリギリだけど。  

それで息子に車の免許取りたいと?言うと早く取り運転してみたいとか。  車の運転に興味があって良かった。

バイクは?と言うと、それは遠慮しとくと。  これは残念だけど。  バイクはある程度、度胸もいるし。

大学見学して、自分の方が興味があった。  車業界で仕事しているので、研究施設がが凄い。

風洞実験室、溶接、シャシダイナモ、旋盤、カーボンクロス加工、 塗装工程、エンジン研究施設、xyドライブシュミレーター、

燃料電池施設、実車による自動運転技術、去年ソーラーカーで全国優勝車両も特別に見せてもらいました。

3Dプリンターはみんなで集まり誰でも使える様に置いてある。  施設があり、誰でも使えるとか。 

鋳物鋳造の部品が置いてあり、これも放課後に個人的に作るらしい。

若ければ自分が入学したいくらい。 そんな合格する頭脳は無いけど。 

やっぱ教育には金は掛かる。 それは承知済み。  自分は18歳でそのまま千葉へ来ました。

整備士の資格取るのは凄く大変と分かりました。 専門学校行っていないので、本当に大変でした。

ですこの苦労は他に負けてはいけないという根性で乗り切りましたが、今は違う。 即戦力です。

息子には頑張って欲しい。  

今、訪問されている方は、若い方もいると思います。  改めてホンダRC30がなぜ凄いか?

それはこれです。

やっぱ人って物を所有したくなります。  

物の原理って興味あります?自分は凄くあります。  

でも本日息子に聞いたら分からないと。 それでいいのです。下手な予備知識よりマシ。

スポンサーサイト
新しい道を行く方にi
高校を卒業すると、道が分かれます。  まず大学へ行く人。  専門学校へ行く人。 そして就職して社会人になる。

自分は3番目。  一人、誰も知らない千葉へ就職。 新潟から 今で言うアウェーな世界でした。  

当然ながら道も知らない、地名も分からない。  そして孤独だ。  これは当時辛かった。  

でも、地元に帰った時は、仲間と遊びまくった。  離れてみると友達の大切さは分かった。  

そして、もう少しで30年。  ここ千葉の人に支えられて来られたのと思う。  

こんな田舎者でも、暖かく受け入れてくれる。  こんな千葉県民が好きだ。  

なので、ブログで色んな所を紹介するのが好きなのです。  県外の人が千葉に来てもらいたいので。  

これから新しい道を行く方に。  決して家庭環境を恨むな。  

実は、自分、見習いから始めています。 整備士の。 家庭は裕福では無かった。  当初専門希望したが、NGでした。

でも、何も思わなかった、分かっていたので。    自分の道は自分で切り開くと言う言葉がありますがまさにそうです。

親に15万円やる。 後は全部自分でやりくりしてね。 と千葉に出されました。  18歳には大金だけど、よく持ちこたえたな

と今思う。  でも、この親の決断が今では良かった。  何とかなる。  見習いとは言え。  

見習いの整備士免許取得は凄く大変。  はず半年間日曜日、講習をします。  当時3回いかなる理由でも休んだら

終わり。  2級ガソリンも同じ。

そして別格なのが自動車検査員免許。 民間車検場で車の車検が通せる判断が与えられる。資格。

この人の判断により車検が通せます。  それ程凄い資格です。

あきらめるな、18歳見習いから26歳で自動車検査員免許取ったのだから。
気になる車
自分はバイクが好きだ。  残念ながら、あまり車には興味がない。  確かに快適で、移動手段には最高な物である。

今では、ぶつかりそうになると自動t的にブレーキがかかる。 アクセルとブレーキを間違えても、進まない。

更に半自動運転の車まで発売されている。  しかも1リッター30㎞以上の燃費の車もある。  

今後、かつて高級装備だった、横滑り防止装置も新車販売では義務化されます。 これにより、電子制御アクセルと

ブレーキのABS装置は必要になります。 メーカーにとってはコストの負担が増えるでしょうが、安全の為にはしょうがないです。

最近の車に興味が無い理由。  確かに快適で安全、しかも燃費がいい。 普通なら文句は無いでしょう。 

でもね、面白さが無くなった。  自分で操縦すると言う行為。  自分は車の場合、オートマチック派です。

なぜかと言うと、快適で安全な車で燃費が良い。  しかも渋滞が多いので。 もう車は諦めています、快適な方が良いじゃん。

でも、バイクの場合オートマチックは嫌だ。 バイクの場合(マニュアルシフト車)、コーナリングの時、 ハッキリ言って走行中、

何速のシフトに入っているかは分かりません。  もう体感です。 自分のバイクの場合、バックトルクリミッターやスリッパー

クラッチでは無いので、コーナーの進入時(シフトダウン)理想のシフトの回転数よりアクセル開けておかないと、リヤタイヤに

ブレーキが掛かり、タイヤガ減りますし、更にタイヤがロックします。  

これがマニュアル車の面白さ。  自分で操縦する楽しさ。  これが(高額車除く)今の車には無い。 

一般的な企業は売れる車に開発費をかける。  スポーツカーは下火だ。 でも待ってください、

今回、フルチェンジしたスズキ スイフトスポーツ乗ってみた。  排気量が1.6リッターから1.4リッターに減った。  普通ならば購入意欲無くなるでしょう。

確かに排気量200ccダウンは致命的だ。 考え方によれば排気量200ccのバイク分減っていることになる。  

でも、待ってください、ターボがあります。  でも排気量200cc減ったのだから意味が無い。  自分も最初思いました。

試乗してみたら、これ久々のドッカンターボで、面白い。 これ速い。  別の意味、事故りそう。 

それ程、久々の欲しくなる車です。 なんか忘れていた、車の面白さを知った車です。   
 
ブログを始めたきっかけ
いつもこんなブログに訪問くださる方に感謝いたします。 いつもバイクネタばかりで、時々美味いもん。

そして、この南房総地域が好きだから、地域情報をブログで紹介しております。

自分はもともと新潟育ちで、18歳まで新潟にいて青春時代を過ごしました。 そして18歳後半から、身寄りもいない千葉に

一人で来ました。 もうそれから29年。 家庭も持ち息子も生まれ、第二の育ててくれた人は、千葉の人だと感謝しております。

それだから、この千葉の地域情報をブログで紹介して、少しでも県外の人が千葉に来てもらう事が恩返しだと思っております。

何より千葉が好きだから。

ある人が亡くなりました。  人は生まれてから、死に向かうと言います。  でも死ぬまで、人がどの様に生きたかが、

その名前の通り人生です。 

もともとブログを始めたきっかっけは川村カオリさんがブログをやっていた事。 でも亡くなった後もそのブログが残っている事。

生きた証が、残っているのです。  自分もハッキリ言って、いつ死に直面するか分かりません。

特にバイクに乗っているので、車を乘られている方よりはリスクは非常に高い。

でも、それは承知の上です。 しかし阿部典史さんが一般公道においてバイク事故で亡くなった時は、考えました。

バイクを降りようかと。  でも亡くなったノリックは、バイクの普及に努めていたし、バイクの良さを伝えないと思いました。


こんな全く有名では無く、ブログの訪問者も少ないですが、少ない力ながら、バイクの面白さ、そして好きな千葉の情報を

発信していきたいと思います。 
浜田 省吾
自分の時代、今、ちょっと見直されている、レコード盤 が普通でした。  そしてカセット、CDは凄いと思った。

今では音楽配信が普通。 凄く便利になったけど、なんかすごく寂しい。 

最近の音楽は聴いていない。   まあ歳をとったせいかも。

でも、昔の音楽で有名なのは、色あせない。 今の若い子が聴いても、納得できる音楽だと思う。 

浜田 省吾は、凄いと思う。 好きな歌が多い。 

J BOYは歌詞の中に

バイクが出ます。 この歌詞聴いているとバイク乗りなら凄く分かる。 

その他いい歌がありますので、是非です。 自分自身のタイムスリップへようこそ。