FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう10万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。



木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



10月もツーリング計画を考える。
皆さん普段、一生懸命仕事や、勉強を頑張っているでしょう。  でも頑張りばかりでは、疲れます。

そんな時は、趣味が最適。  特にバイクに乘られる方は、ツーリングをしましょう。

目的は、景色等もあるが、生き物なので当然 飯 です。この為に辛くても走るのです。 

ソロツーリングも良いですが、やっぱりマスツーリングは面白いですよ。

仲間意識があり、お互いのバイクの情報も分かり面白い。 

とりあえず、今しか行けない群馬方面を考えている。 冬は場所によって雪が降るから。 

仕事忙しいけど、ルートを考えたり、目的の飲食店考えるのが楽しい。  

これは参加者が喜んでもらえれば最高です。  



千葉南房総のツーリング計画の一例です。 このルートは、ほぼ信号無く、道は空いています。 

しかもクネクネ道は楽しめます。 千葉クネクネ道は無い。それは間違いです。 

このルートのお勧めは抜けると、そこは海なのです。  そして凄く人気なばんや

今日バイクで行ってみたが平日なのに激混み。やめました。

ここの海鮮物最高です。 時間をずらした方が良いかも。 



千葉南房総に来たら海鮮丼でしょう。 まず知らない方へ。 

鴨川地域にはおらが丼と言うのがあります。

そのお店、独自、自慢のどんぶりです。

ルートの説明で房総スカイライン。 現在、償還が終わり無料です。 未だに勘違いされているようです。

料金所すら無いですよ。 ここが無料になり、鴨川方面へ近くなりました。ただし鴨川有料道路は有料です。

そしてルートに示した最終目的地食事処 なかむらのびっくり海鮮丼は美味い。お勧めです。

アクアライン利用の方へ。 知らなかったのですが、土日祝日の午後3時以降からアクアライン混むらしいです。

夕方から混むのは知っていたが午後3時から混むとは知らなかった。 

是非このルートは混んでいないし、計画が立てやすいと思いますので是非参考にしてください。

ツーリングとは、和気あいあいと冗談を言い、楽しく過ごせば最高です。 

これ言っておきますけど大排気量バイクには限りません。 50ccのバイクでも行けますよ。 

高速道路除けば。 それには強い味方があります、それは東京湾フェリーがあります。

50ccのバイクでもマスツーリングは出来ますよ。 ただし速度には気を付けましょう。 

是非、南房総千葉へ。 美味いもんいっぱいありますから。 
スポンサーサイト
箱根強羅、豆腐カツを目指す。
まず、バイクを買ったらツーリングでしょう。 知らない土地へ旅をする。  この醍醐味はバイクならでは。

しかし車よりは遥かに疲れるし、雨が降れば濡れ、暑ければ、バイクも熱いけど自分も熱い。 汗だくだ。 

でも、バイクに乗るとその辛い事は、思い出になるし、バイクならでは?と思います。 

車の快適さは十分わかります。 車自体も凄く快適になっている。 ナビは当たり前。 空調設備は、下手な

家庭用エアコンより快適だ。 ハッキリ言います車で行った方が疲れないし快適だ。 

それは分かっている。 でも、旅と言う文字を考えると、バイクの方が近い様に自分は思います。 

車は快適だ。 しかし、エアコン装置あえて省き軽量化に徹してカーステレオも取り去っている方は

ちょっと違いますので、それはそれで凄いと思います。 車でやる人は尊敬します。 

箱根に行ってきた。 平地は天気良いが、標高の高い所は霧の様だ。

今回参加者3名。ヤマハ R-6乗りのI。未だに乗りこなせない様だ。 乗ってみたけど、アクセル、アケアケで行くと 面白い感じ。 

下からのトルクは少ない。 排気量600ccなので。 でも、峠では、最強かな?扱えるパワーかも。

そしてもう一人はスズキバンディット1250乗るF。乗りこなしているようだ。

IMG_0783 (1280x960)
自分のバイクはこの時点で、気分新車です。経験した事が無い。 

今回箱根を目指す。 凄く久しぶり。しかし天候が。

IMG_0786 (1280x960)
IMG_0789 (1280x960)
凄く残念。

IMG_0790 (1280x960)
切り替えます。 今回強羅にある豆腐カツ煮田むら銀かつ亭

豆腐のカツ煮は初めて。 もちろんメインの豚肉は使っていません。 こんなの美味いの?

意外と思うかもしれませんが、凄くカツ煮に似ています。 

IMG_0796 (1280x960)
IMG_0795 (1280x960)
メニューです。

IMG_0792 (1280x960)
豆腐カツ煮定食を注文。

IMG_0794 (1280x960)
当たり前ですが凄く熱い。 別の小皿があり、そこに入れて召し上がるようです。 

不思議な味だ。  豚肉を使っていないのに似た感じ。  ただ単に豆腐を使っています。みたいな感じでは無い。

歯ごたえもある。 カツに比べると少ないが。 

若い頃は普通にカツ定食は好きだった。 しかし歳と共に、苦手になってきた。  これは誰でも起こります。

そんな人には元々豚肉を使っていないので、さっぱりしており、食が進むと思う豆腐カツ煮でした。

しかし難点が。 それは人気店なので、混んでいる。 平日火曜日で少し込んでいるかな?と思ったら

激混みでした。  結局90分待ちました。 強羅駅すぐの立地。  

そしておそらく、平日は従業員を減らし営業した結果かも。  土日休みの日は凄い事になるのでは?


ツーリングの計画を立てる。 リーダーは大変だけど、でも参加者が日頃のストレス解消になれば、やりがいが

あります。 

思い出は自分で作るものです。 もしツーリングのお誘いがあったら是非参加しましょう。 

話題作りには最高ですよ。 
息子と一緒にツーリング。


息子とは、バイクに慣れる為、少し市街を一緒に走ったが、今回は、距離短いがツーリング。

今、国の法律では、16歳で原付免許をとれます。(50ccまでのバイク)しかし、学校の校則、又は親の意見で

取れないのが現実だと思います。  自分は、学校の校則で原付免許取れました。 恵まれていたかな?

息子も校則で原付免許取得はNG。  卒業して免許取得。  

今の若い子は、バイクに興味が無いみたい。 そして車も。  それだったら携帯電話にお金を掛ける方がマシ。

と思う様だ。  確かに今のスマートホンは、持ち歩くパソコン状態。 パソコンより優れている。 

少し残念だ。 

でも、バイクでツーリングをしてみたい若いバイカーにちょっとしたツーリング情報を紹介します。

ルートラボは、 三井アウトレットパーク木更津が出発点になっています。  今日は出発点違いますが、

若い子ならファッションも大事で、そしてブランド品が安い所を、

目指し神奈川県からでも原付で行けるようにしました。

当然東京湾フェリーを使い。

そして、房総の内陸を走る。  最大の魅力、信号が少ない。  そして車も少ない。 ここですよ。

今の原付スクーターは荷物色々乗せる事が出来ます。 アウトレットで買って載せきられない物は、自宅に送料着払いで

送りましょう。  親は当然、送料を払うと思いますよ。  それより思い出を残して。 

思い出はお金に換えられないから。

さて、ツーリング初心者の息子。 

自分は、この間、実家の新潟へ帰る為、片道300㎞以上をバイクで走る。当然慣れているので、あまり疲れない。  

個人的に100㎞走行はツーリングに入らない。 いつも、この距離は、 走り、である。 

しかし初心者の息子は分からない。 

今回は、さすがにDUCATIのバイクでは無い。 ヤマハジョグで一緒に走る。

 IMG_0734 (1280x960)


最近出来た、鹿野山 鹿野の森

是非寄って欲しい所です。  南房総の情報館です。 

知らない所を走るのがツーリングの楽しみです。  いくらインターネットが発達してもやっぱアナログには敵いません。

凄い情報館です。

IMG_0729 (1280x960)
無料のフリーペーパーがあります。

JP12って知っていました?

IMG_0751 (1280x960)
今日初めて知りました。

IMG_0752 (1280x960)
らしいです。  知らなかった。 この冊子もちろん無料ですが、厚さ5ミリです。 内容濃いです。 

この冊子を取得すると、かずさ地域を把握できます。 

ツーリングってこの様な事を初めて知る事が出来ます。 

しかもエアコン効いています。 

これから行く九十九谷公園の写真。

IMG_0731 (1280x960)
信じられないかもしれませんが、こんな風景が撮れます。 しかも標高300メートルで。 

雨の降った次の日、晴れると朝早くからカメラマンがいますよ。 自然の景色は止まらないから。 

だから今しか撮れない。

ここに情報パネルがあります。

IMG_0730 (1280x960)
無料なので活用しましょう。

そしてここから近い本場の九十九谷公園へ

IMG_0736 (1280x960)
今日も景色が綺麗だ。

ここを下山。 いつものもみじロード。

IMG_0749 (1280x960)
当然、コーナーは攻めない。 ゆっくり走る。 長狭街道を保田方面へ。

IMG_0741 (1280x960)
そして誰でも嵌る学校へ。 それは保田小学校です。

ここはそのまま名前の通り昔学校だった。 

ここの3年B組は今の世代は分からないかもしれませんが自分の世代では有名です。

ここのチャーシュー麺を頂く。
IMG_0740 (1280x960)
ここは地元の某有名店の子会社です。 期待できます。

海沿いを目指す。

IMG_0747 (1280x960)
そして最終目的地the Fish

金谷港の隣なのでかなり流行っています。 ここに来たら、ソフトクリーム屋さんがあり、他を選んではいけません。

牛乳ソフトを選ぶべし。  たとえ枇杷ソフトがあろうとも。  

IMG_0744 (1280x960)
今までNO1かな。 それ程美味しいですよ。

最後にフェリーの姿。
IMG_0748 (1280x960)
家でのんびりも良いです。  行動を起こすことは大変だが、その先にある思い出作りは行動を起こさないと生まれない。

どうでしょう?人生1回きりです。 今しか無いと思えば行動起こせます。  

息子は今回たかが110㎞で疲れたみたい。 初心者だったからしょうがない。 

思い出、快適を選びます? それだったら車に乗れば凄く快適だ。

個人的な意見ですけど大変だからあえてバイクに乗ります。 

快適だったら乗らないよ。 
9月は箱根ツーリングを予定
バイクを買ったら仲間とツーリングをしましょう。  まず、メインの目的地を決めます。  

これが、海の幸、山の幸で異なります。  山奥で海鮮丼は、ちょっと違うと思います。 

 しかし、港直送なら分かります。

でも、一般的には、その場所での食べ物を目的にしましょう。 

バイクに乗るなら外せないクネクネ道を必ず入れる。 自分のバイクはこの為にあります。 

決してツーリングバイクでは有りません。 前傾姿勢キツイし、シフトチェンジばかりで苦痛だ。 

基本、人数が多いとマスツーリングになりますので、必ずリーダーが必要だ。 

このリーダー自分がやっています。  面倒ですが、やりがいはあります。 

色んな下調べが必要だが、まず道を覚える事が出来る。 そして参加者に喜んで、もらえれば最高。 

9月は箱根方面へ行きます。  

もう何回も行っているので定番ですが、行った事の無いバイカーがいるので計画。 

食事の所は今考えています。  ルートも検討中。 この考える事も楽しみだ。 だからバイクが好きだ。

バイク乗ろうね。 思い出は今しか作れない。 快適では無いバイクだから。 
日本海
18歳まで日本海側の方へ住んでいた。  海へ近づき、丘を越えて海の水平線を見るのが、楽しみだった。 

今では港町 木更津在住なので、いつでも海が見える。   こちら太平洋側も海の景色が綺麗ですよ。 

冬は、海沿いに富士山が見えます。 この場面は日本海側の人にとって考えられないと思います。 

新潟から千葉へ来てすぐ、バイクで内房の道を走り、(当時長岡ナンバー)休憩していたら、知らない人から、

海越しに富士山が見えると言われた。 

最初は嘘だと思った。  見えるはずがない。   でも冬になると綺麗に富士山が海越しに見えます。

これは、綺麗ですよ。  木更津でも地名が富士見と言うのが有るので昔から見えたのと思います。  

日本海側に戻ると、新潟には佐渡島がある。  残念ながら行った事は無い。  いつかは行きたい。

日本海から見ると佐渡島が見える。

IMG_0645 (1280x960)
黄色く囲った部分。 朝鮮半島では無いです。  こんな感じに見えます。

それと、日本海に沈む夕日は有名で、昔から知っていた。  高校生の頃、一回見た事がある。  やっぱ綺麗だ。 

是非、新潟県へ。  きっと知らなかった事が思い出に残ると思います。