バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう93,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



YZR-M1 フォルトナ チェカ 仕様 完成
今日は、朝8時から、町内会の清掃活動に参加して、その後、バイクで出勤。

今日は昼休み、落札したタイヤの交換しました。 ピレリはビート部分が硬く外すのに、てこずり

ました。 無事取り付けも終わりこれで安心してバイクが乗れますよ。

ようやくYZR-M1 フォルトナ チェカ 仕様 完成です。 まだ、リベットシールを貼り付けた

ばかりなので、モデルリングワックスはかけていません。 コンパウンドのみの光沢です。後ほど施工予定。

それでは、定番の角度で撮影しました。
YZR^M1 001DUCATI

YZR^M1 002DUCATI

YZR^M1 004DUCATI

YZR^M1 003DUCATI

YZR^M1 006DUCATI

YZR^M1 005DUCATI

このキット塗り分けが多いので、少し面倒です。 マスキングテープは付属です。 

デカールも多いので、初心者には難しいかもしれません。

ゼッケン7はいいですね。次は後ろからの撮影。
YZR^M1 007DUCATI
ノーマルは排気口に穴が開いていません。 もちろん開口しました。本当は出口にススを表現したかったの

ですが、断念。次はタンク付近。
YZR^M1 008DUCATI

タンクからでる、ホース出口は加工しています。 キャップはわざと斜めにしています。

リザーブタンク2個は加工しています。
次はリヤシート。
YZR^M1 009DUCATI
シートスポンジ部分滑り止め加工しています。

次は前から。
YZR^M1 010DUCATI
スクリーンのリベットは同色です。非常に見にくいですが赤のデカールを真鍮パイプで型抜きして貼ってあります。

*すいませんリベットは写真では見えません。実物は分りますが。4枚目の写真でうっすら見えます。

そして今回塗装に力を入れたリヤマフラー付近。 まだまだですが、がんばってみました。

もう見えないですが、エキパイ溶接部分は実車どうりに再現しましたよ。ref="http://blog-imgs-55.fc2.com/r/y/o/ryou904/2012052022361235c.jpg" target="_blank">YZR^M1 011DUCATI

YZR^M1 012DUCATI
フロントは取り付けなかったですが、リヤのホイール回転センサーの配線と留具の加工。
YZR^M1 013DUCATI
意外とアクスルナットは上手くいったような感じです。

とにかく時間かかりすぎでした。 今度はもっと早く作ります。

コレクションが1台増えました。

スポンサーサイト
YZR-M1これで最後の作業。
今日中古のタイヤが届き、明日仕事の昼休みタイヤ交換決行します。2009年物、溝もあり、

今回この銘柄、初めて使用します。 中古タイヤは色々楽しめていいですね。ピレリさよなら。

よかったです。 ディアブロストラ-ダ。今度もスポーツツーリング。 どんな感じかな、楽しみです。

やっとYZR-M1最後の作業になりました。 考えてみたらほぼ1年かかりました。(遅)

プロではないので、納期は無いです。 しかも世帯持ちなので、作業できる時のみ。

趣味ですから。 でも妥協はできない性格。 これは本職からです。(プロですので)

でも時間かかりすぎは、反省点。でもモデルが完成する事は、楽しいです。

スーパースポーツ(SS)に乗っていて、進入前の重心位置変えながら進入、そしてブレーキング、

ブレーキをリリースして旋回、そして加速して抜け出すこれが全て上手くいった時も楽しいです。

この二つの趣味はやめられないです。

本題。YZR-M1最後の処理。 ノーマルはここにモールドがあり、もちろん無視して削りました。

その場所に位置確認の為穴を開けておきました。この部品アンダーカウルのメクラ栓みたいです。

レース中オイルが漏れても路面に散らかさない様、アンダーカウルがあります。

汚れた時この栓を取り除けば簡単に清掃できるのだと思います。間違っていたらすいません。

下にあるので手抜きしようと思いましたが、物に厚みがあります。

諸先輩の記事を見ますとプラ削り出しとかプラバンを黒く塗り取り付け。

確かにリアルで良いと思います。 

ここは手抜きですが、ビニールテープ黒(絶縁テープでは無いです厚みが違います)に真鍮パイプ型押しで再現。

どうでしょう、意外と上手くいきました。もちろん実車用なので、耐久性は言う事なし。

それでは写真。
YZR^M1DUCATI

YZR-M1完成まで、あともう少し
フロントタイヤも送料代引き込みで、¥2.354でゲット。 日曜日は、恒例の手動タイヤ交換。楽しみ。

また後日レポします。

完璧ではないですが、取り合えず完成まで、あともう少しの写真。

粗が目立ちまくりですね。 完成に近づくとテンション上がるのに今回は下がりました。

詰めが甘いので、今後は反省して取り組みます。それでは写真。
YZR^M1DUCATI
完成時は、いつもの完成写真で撮ります。
YZR-M1 完成 前にダメでした。
YZR-M1 色々難関があり、その度、クリアしてきました。

でも今回、写真はありませんが、スクリーンで失敗。 後日アップしますね。

スクリーン取り付けてから、カウリング取り付ければよかった。 見た目あまり分らないですが、

カウリングと、スクリーンの間にに少しだけ左側に隙間が。たいした事無いのですが。

何回も仮組みしたのに、先にアッパーカウル取り付けたので、その歪みがここに来たのかも。

またこのYZR-M1も反省対象ですね。 詰めが甘いですね。

でも本職は詰めが甘いとプロではないので違いますよ。この仕事は(本職)先の先まで、

考えて作業します。 まあそれがプロと言えばプロですが。

プラモ製作は自己満足です。 売る訳ではないので、そこが気楽。(売っても買う人いないでしょう)

今度はうまく行ったと思ったらまたこの詰めの甘さ。 飽きないです。

次は何作ろうかな。(何気に凄く楽しみです)
YZR-M1 チェカ仕様カウリング装着前
今日は休みだったので、雨が降る前に90kmコースを走ってきました。 フロントタイヤの右の溝が

ほとんど無いので、右はあまりバンクしないように走ってきました。タイヤの溝が無いと、

気を遣いますね。 もうこれ以上はダメです。 交換しないと。

やっとここまできました。 YZR-M1 チェカ仕様。

カウリング装着前の写真。 カウリング装着後は、外さないと思いますので、写真撮りました。
YZR-M1 エンジン写真 001DUCATI
次は左側側面。
YZR-M1 エンジン写真 002DUCATI
クラッチケーブルは途中に金属カプラみたいな物があり、製作してみました。YZR-M1 エンジン写真 004DUCATI
見えにくいですがリヤのホイール回転センサーの配線追加しました。
YZR-M1 エンジン写真 003DUCATI
チェーンは溝を彫りました。 
YZR-M1 エンジン写真 005DUCATI
タンク右から出ている透明ホースの処理にてこずりました。
YZR-M1 エンジン写真 006DUCATI
YZR-M1 エンジン写真 009DUCATI
リヤブレーキリザーバータンクは透明ランナーより削り出しです。  シートの滑り止めも加工しました。

リヤアクスルシャフトとナットは自作です。 今回前後アクスルは付属のビス使用していません。
YZR-M1 エンジン写真 007DUCATI
タンクから出るホース出口は左右で違う形状です。しかも左はゴムホースにチェックバルブがあるみたいです。

チェックバルブは、アルミテープを巻いただけです。ゴムホースがタンクと挟まる所に、遮熱のアルミホイルの様な物が

巻かれていますので、少し見えると思います。 実車もほんの少しだけ見えます。
YZR-M1 エンジン写真 008DUCATI
そして最後の写真。 シフトチェンジロッドにセンサーがあり、そこから出ている配線を製作してみました。

ミッション側から出ている、シフトのステーには実際に4個の穴が開いていて、そこに配線のプロテクターが結束バンドで

巻いて取り付けてあります。 実車どうりに穴を開け、バンドはビニールテープを細く切り通して

取り付けました。 そのままテープの裏面の糊だけでは、じきに剥がれますので、裏面に瞬着で固定。

こんな感じでここまできました。 後は触っているうちに、角の塗装が剥がれますので、タッチアップ。

ワックス掛けですね。 カウリング装着のみですが、ちょっと波乱がありそうです。

おまけの写真。 リン用の2階にある寝床で寝ている写真。 1階は家型の寝床です。

癒されます。リンの寝床DUCATI