FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう11万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

今年フランスYAMAHA  YAMAHA YZF-R125購入しまし

た。凄く楽しいです。


木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



マーベリック カッコイイよ。

続きを読む
スポンサーサイト



とりあえず予選行ってきた。
天候では現地雨。雨の観戦辛いね。 一応傘をさすのは厳禁だけど、分かっていない方が多い。 
自宅を出る時が一番ヤバかった。 大雨。 アクアラインも風が強く危ない。 
現地に到着すると、小雨。 しかしこの小雨がしぶとい。 そして午前中は寒い。 午後は一転曇りだが少し暑く、雨も降らない。
選手にすれば微妙な感じでしょう。 路面もウエットパッチが残る所もある。 
でもプロライダーです。 みんな凄いです。 マルク マルケスは、ウエット関係なく肘すり気味に攻める。 
今は現役引退した、ケーシー・ストーナーは何でそんなに速く走れるのか?このインタビューにそれは、
自分のバイクを信じてるから。無機質な相棒ですがそれを信じるんです。 この言葉はかなり響いた。
それは一般的なバイクにも反映します。 自分のバイク信じます?スイマセンパワーは無いが凄く信じます。

明日はDUCATIのメインスポンサーロゴが見れる。
DUCATIチームでMISSONWINNOWのロゴが久々に見れます。ある有名タバコメーカーのロゴの様だ。
思いっきりメーカー名は出してはいない。 タバコは吸わないが、どのチームも資金が欲しいでしょう。 
昔みたいにタバコメーカーあくまでも個人的な意見ですがありだと思います。
そうしないと、このモータースポーツ衰退します。
2018 FIM MotoGP 予選観に行ってきた。
とりあえず、2018 FIM MotoGP  予選観に行ってきました。

IMG_0986 (1280x960)
昨日は、何とか天候は持ち越すだろうと思っていた。

しかし、朝起きたら(6時ごろ)木更津は雨が降っている。 

更に天気予報を見ると、水戸方面、降水確率40%。 常磐道水戸北ETC専用出口で降りるので、不安だ。

前向きな見方をすると、60%晴れる。 仕事も前向きに行きましょう。

最初からダメ、無理はやってみないと分からないから。

自分の能力を発揮しようよ。 そうすれば、少しでも社会の為になりますよ。 あくまでも前向きに。

車で行くか迷ったが、結局バイクで行く事に。 これが正解でした。  結局、木更津から先は晴れて良かった。

予選も、全てドライの状態で、見ていて面白かった。 

爆音の為に、ここ茂木に来ました。 木更津からだと片道約200㎞ぐらい。 疲れは、程ほどかな。

やっぱり自分の乗っているバイクメーカーを応援したくなります。 そして関係なくバレンティーノ・ ロッシも

応援したくなります。 やっぱ彼は、観客を大切にしますね。  今日もフリープラティクスと予選の後は、

必ず観客に手を振ります。 だから、バイク乗りから人気があるのと思う。 

MotoGP クラスのポールポジションはDUCATI のドヴィツィオーゾでした。良かった。

実際見ていると、派手さは全くない。 着実にコーナーを攻めている感じ。 要するに安定感のある走りでした。

やっぱ予選は、どのクラスでも皆必死ですね。 だって、明日の出走順位が決まるので。

明日は仕事。 録画します。 楽しみだ。

今からでも遅く無ない。 実物のGP機の爆音聴くとストレス解消になりますよ。  明日もあります。

是非です。 バイクを楽しもうよ。 
DUCATI 茂木優勝
普段、バイクに乗っています。  と言う事は、バイクメーカーがあります。  日本では ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキです。

あくまでも個人の意見です。  ヤマハが好きかな。  でも無難がホンダ。 個性があるのはスズキ。 

そしてコアなバイカーが多いカワサキ。  カワサキのバイクは一度も持ったことが無い。  決して嫌いとかでは無く、乗る機会が無かった。

そして海外メーカー。 俗に言う外車。  みんな憧れるのでは? しかしすぐに思うのは壊れるのでは? 

確かにそれはある。  そしてバイク任せでは走れない。  (今のDUCATIは知りません。)

もし、本気で走るとDUCATIはかなり難しいバイクだ。  ナメて掛かるとマジにコーナーを曲がる事は出来ない。 

中古相場で距離が短いバイクが多いのはその為と思われる。 憧れて買ったが実際は難しく手放す。 

そんなパターンでしょうか? でも待ってください。  本来これがバイクの基本と思ったら?

日本製のバイクが乗り易くなったのですよ。  企業努力は凄いと思います。  安全に走れるし。

しかし海外メーカー。 本来のバイクは体重移動して、きっかけを作り曲がるのが基本。 

だから本気で攻める場合、コーナー侵入のブレーキングは全てだと思う。 これで全て決まると個人的に思います。 

そしてコーナー侵入前の体重移動。  これもあります。  全て1コーナー事に考える。 これです。 

深いバンク角にこだわる。  これはカッコいいが、リスクが伴う。  意外と自分のバイク、深いバンクで無くても曲がる。

Moto GPライダーをよく見ると分かると思いますが、それなりの速度域のコーナーは腕の肘が地面に付く位いバンクしますが、

他のコーナーは、出来るだけバンク角少なく曲がっているのが分かります。  当たり前ですけどバンク角少ない方が

クイックでタイムロスが少ない為。  一般公道では深いバンク角危ないだけです。  憧れるけど。  

今のDUCATIは分からないけど、自分のバイクは、基本通りにやらないと曲がらないバイクです。  

普通に走る分には普通のバイクですけど。  だから分かると面白い。 飽きないバイクです。  

ですから、もう93,000㎞突破ですが、まだ乗りこなしているとは思わない。 

ハッキリ言って空冷スーパースポーツは無くなりました。  DUCATIの水冷スーパースポーツは復活したけど。 

もう少しで空冷エンジンは無くなると思います。  環境問題で。  今後に貴重になると思います。  

今の若い人は分からないと思いますがバイクと言えば、冷却フィン。  エンジンのシリンダー付近に板状の物が

あるのですよ。  これにより、放熱面積を稼ぎ、冷却する。  

カワサキのバイクは所有した事が無いですが、乗った事があります。  

この間、もみじロードで知り合ったHさん。 カワサキ KH250乗りの人である。

リターンライダーですが、本物のバイカーです。  バイクに詳しくて面白かった。 これだからバイクは面白い。

人生を豊かにしてくれる。 

貴重なカワサキ KH250.。

IMG_6641 (1280x960)
言っておきますけど、凄く貴重なバイクなのですよ。 1977年製。  しかもフルノーマル。 

エンジンのシリンダー部分に板が見えますがこれが冷却フィンです。  

自分のバイクもこんな感じで空冷エンジンなのですよ。たぶんそのように見えないと思いますが。 


IMG_6642 (1280x960)
凄く空冷エンジンだと分かる部分。  

IMG_6644 (1280x960)
当時のままの部分。 これ程、ノーマルの個体は無いのでは?貴重ですよ。

Hさんの了解のもと。 乗ってみました。  人のバイクでもあり、貴重なバイク。 当然、フルスロットルは無理です。

こういうバイクって、雰囲気で乗る物。  自分のバイクは凄い前傾姿勢で乗るけど、このバイク、体を風に当てながら

乗る様なバイクです。  本来のバイクの姿かもしれません。 

ブレーキはディスクローターですが、当時物で、現代と比べると、比較にならないです。 

こんな経験もバイクライフの話題になります。  

この貴重な体験させてくださったHさんに感謝です。

バイクレースの世界選手権です。  当然、乗っているバイクメーカーを応援するでしょう?

自分の場合DUCATIです。  イタリアメーカーで2007年にタイトルを取っています。

でも、個人的にはヤマハのロッシを応援しています。 好きだな。 彼は職業ライダーですが、

やっぱバイクが好き。   若い人のバイク離れがありますが、それを何とかしようとしている姿が好き。

残念ながら今回は転倒リタイヤ。  残念でなりません。 

そして今回、イタリア人によるイタリアメーカーのDUCATIで優勝しました。

最終コーナーまで分からない展開。 ほんのバイク1台分の差でしょう。ゴールまで。 凄かった。 

だからバイクが好きだ。