バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう88,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Moto GP 2017
Moto GP 2017来月開催されます。バイク好きならば行きましょう。

テレビ越しに聞く排気音と、実物の排気音は全然違います。  前にも記事にしましたが、この排気音の為にお金を払う、

そんな感じになります。  それ程凄いです。  テレビではライダーを追いながら撮影していますので、スピード感が無い。

でも、生で見ると、当たり前ですが、もの凄く速い。  尋常では無いスピードでスライドしながらコーナーに侵入します。  

バイクに乗っていますので、やっぱ世界選手権のライダーだと思います。  素人感覚の感じでは、毎回、コーナーの度に、

勇気がいる感じです。  でもプロはそれを当たり前のように走る。  GPライダーですね。  

気になるのは、この間トレーニング中に骨折したバレンティーノ ロッシ。  地元ミサノは欠場で、アラゴンGP出るみたい。

ここでは無理をしないで欲しい。 と言うのも、次は日本GPが控えています。  やっぱ生のYZR-M1 46番を見たいでしょう。

去年見て、やっぱロッシは違います。  予選を見て、終了後、、コーナーが多い所で拝見しました。

通常あまり観客がいないですが、彼のみ、ウイリーで、アピール。   やっぱ違います。  これでロッシファンになるのも分かる。

来月が楽しみだ。 
スポンサーサイト
ハンドルグリップ
とうとうバイクの季節到来です。  この時期を逃すなんて、バイク乗りとしては、凄く残念です。  色んな計画立てましょう。

10日iは、最高の天気でしたね。  自分は仕事でしたが。   

通勤途中、房総方面へ向かうバイクとすれ違う。  これから美味い物を目的としてツーリングへ行くのかな、と思いました。

個人的に鴨川市の海鮮丼、おらが丼を食べたくなりました。 

日々仕事の時の昼食は¥500以下の人が多いでしょう。 バイクに乗りツーリング。  こんな時ぐらい、奮発して、少し贅沢な

海鮮丼でも食べましょうよ。  きっとストレス解消にはなると思います。 

そして千葉南房総内陸を走ると、道は空いています。  そして意外とクネクネ道は多い。  

この秋は、是非南房総へ。

タイヤ。 路面と接地している部分なので走れば、タイヤの溝が減るのは理解できる。

ハンドルグリップ。 こんなの減るのか?  おそらくノーマルグリップは減らないかもしれません。  (減るのもあるかもしれませんが)

と、言う事は、握った時の感触は、それなりかもしれません。  

あくまでも個人的な意見ですので参考にはしないでください。  

バイクは右手にあるアクセルと、フロントブレーキでコントロールが決まると思う。 

最近は意識して、姿勢保持の為、リヤブレーキも使っています。 

IMG_6526 (1280x960)
 プログリップ。 これは凄く手に馴染みます。 

しかし弱点が。本気で攻めるとタイヤの様にグリップ部分が減ってきます。 

コーナリング攻めている人の基準はタイヤの減り具合で分かります。 しかし、ハンドルクリップも見てください。減っていると

この人はコーナリングを趣味にしているな と分かる。 (新車装着のハンドルグリップはおそらく、そんなに減らないと思います。)

IMG_6527 (1280x960)

このハンドルグリップ、イタリア製です。  見た目は良いし、グリップはする。 ただし減るのは早いが、税抜き¥2,000なら

納得でしょう。 

IMG_6528 (1280x960)

減るのは早いけど、このクオリティ。 

IMG_6529 (1280x960)

この様な細かい所の、見せ場は地味だけど、分かる人には分かると思う。
バイカーズステーション。
バイクが好きだ。  何でこんな便利では無いバイクに乗りたいのか?

お盆の帰り、今回大雨及び渋滞を高速道路で体験。  もう当時は最悪です。  雨でヘルメットのシールドスクリーンが見えずらい。

おまけにフロントブレーキは雨が潤滑油代わりになり効かない。  すり抜けもある程度で我慢。

これはやばいと思いました。  こんな感じを体験しながら、やっぱバイクは好きだ。  

前から言っていますけど快適って思い出に残ります?  おそらく快適では無いバイクの方が思い出に残ると思います。

リターンライダーが増えています。  しかし事故が多いみたい。  普段から乗っていれば違うと思いますが、

何十年ぶりに乗る方は、気を付けてください。  基本バイクの場合、車に乗っている感じではNGです。

常にバイクは車の視界には入らないと思った方が良い。 

特に渋滞のすり抜け。 これは慣れた自分でも勇気がいる。  特に高速道路。  路肩を走ると捕まります。

なのでみんなバイクはすり抜けするのです。 車乗っている方から見ればバイクは良いね。

でも、現実は違います。  渋滞中の急な車の進路変更で事故が起こります。 こればかりはバイクでも避けれない。

これなんです怖いのは。

それと、コーナリング。 曲がり切れないと思ったら早々に諦める。 これが凄く大事。 (速度は言いません)

とにかく リターンライダーが事故しない様に祈ります。  

そんな事、言いながらリターンライダーを刺激する雑誌が発売されました。  それはバイカーズステーション。

今回かなり内容は濃くて、みんな購入しましょう。 

IMG_6512 (1280x960)
それと この雑誌社の創刊がほぼ一緒みたい。

IMG_6513 (1280x960)


バイク模型製作では実車の写真が重要。  今回惜しみない実車写真が多い。   

ハッキリ言って買い得の雑誌です。

IMG_6514 (1280x960)
IMG_6515 (1280x960)
この様な写真が連なります。
 
凄くお得ですよ。 是非。
Moto GP 2017年茂木 
今年も Moto GP がツインリンク茂木で開催されます。  去年と同じく土曜日の予選を見に行く予定です。  

なぜ決勝では無く予選か?  それは、決勝のスタート位置が決まるので、選手の必至具合が見れる為。  

当然、フアクトリーチームが優勢ですが、そのライダーの調子もあるでしょう。  

そして予選も時間がカウントダウン制なので、その中で一番速く走らなければいけない。  それが面白い。

自分のバイクもそこそこの排気音だと思います。  一応、規定はクリアしていますが。

しかしMoto GPのバイクは次元が違う。  体に響く爆音。  これです。  この為にサーキット場に来るのです。  

この爆音、去年聴いて、みんな何でサーキットに行くのか?テレビで見れば要所の画像は見れるし良いのでは?

しかし現場に行って観た方が最高と分かりました。   この爆音の為にお金を払うと個人的に思いました。 

人生一番の理想は何事無く終わる事。  確かに最高だ。 凄く理想的だ。  だって何も刺激は無いし自分の思った通りに

人生が進む。  最高でしょう。  確かに理想的だ。

でも人は自分との考え方が違う人が必ずいる。 いるから日本の発展があったと思う。 

職業ライダーが必至で走る。 それがプロなのです。
バイクが好きだ。
最近と言うか、若者の、バイク離れが進んでいます。   凄く残念だ。  確かにバイクの免許を取らなくても、少し我慢をして

車の免許を取れば、車の方が快適だし、何より安全だ。  これは子供を持つ親としても分かる。 

自分の息子も17歳。  自分は当時、今で言う、普通自動二輪免許を取得した年齢。  今では考えられないかもしれませんが、

それが当時、普通だった。  親も全く反対はしないし、バイトで貯めたお金でやりくりしたので、何も言わなかった。

そして高校3年生で中学の先輩から、ポンコツ スズキ RG250Γを8万で購入。 今ではこんな値段では買えないですが、

当時は買えた。   これで、コーナリングの基礎を学びました。  そしてツーリングの醍醐味も学んだ。  

このツーリング。  まずバイク買ったらツーリングでしょう。 快適では無いツーリング。  これが快適なツーリングを目指すなら

車の方が、良いですよ。 そちらをお勧めします。  

では、何で快適では無いツーリングを目指すのか?  それはおそらく全長約2メートル横幅約80センチ中で、快適に

少しでも近づける工夫がまず、最初に面白いと思う。 この数字はバイクの全長と幅である。 

車でキャンプ行かれる方は、一般的にホームセンターのキャンプ用品を購入すると思います。 

しかしツーリングバイカーは違います。  荷物に制約があるので、用品自体、折りタタミ系のキャンプ用品を購入すると思います。 

この制約された、範囲で用品のパッケージング作業、これが面白いと思う方は多いのでは?

バイクの魅力はコーナリング。  自分のバイクは名前にSSとあるがそれはスーパースポーツの意味。 

コーナリングの為のバイク。  シートの高さは高くハンドル位置は低い。  思いっきり前傾姿勢のバイクで、

まわりから、前傾きつくて疲れない?とよく言われますが、 意外と疲れない。   

意外と思うかもしれませんが、8月9日まで、実は肩コリが多かった。  普段肩コリ等した事が無いのに。 

それと8月9日まで関東は天候が悪くバイクに乗れない日々が続いた。(その後もダメだったみたいですが)

10日の午後から新潟へ出発。  肩コリが心配でしたが、乗ってみたら実は肩コリが解消。 

普通、逆だろうが? と思いますが、なぜか肩コリが無くなりました。   

コーナ-を攻める為には、前傾姿勢では無いと、上手く行かない。  

街乗りとツーリングは苦手。   ハッキリ言って荷物は、ほとんどノーマル状態では積めない。 

その様な設計です。  街乗りはバイク自体、目立つが、直線ばかりで面白くなく、ハンドル切れ角が極端に少ないので、

白バイがやる様なUターン等は出来ない。 ライディングスクールも、このバイクで参加は無理。 

回り込みの大きい交差点では、大回りになるので緊張しますよ。 

でも、コーナリングを走る時は凄く楽しいバイクだ。 その名前の通りのバイクです。 

前はバイクに乗っていたが、子供が生まれ、離れた人や、これから免許を取りバイクを乗りたい方、バイクに興味あるが、

どの様なバイクが自分に合うか?とか、バイクは危険な乗り物だ。 でも待てよ、危険だと最初から知ると、車より安全意識が

でき、しかも車には無い色んな思い出が出来そうだと思う方は、これを見てください。 それはバイクの系譜