バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう88,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カプラを自作する。
今回、カプラを製作します。  家電製品で言うコンセントみたいな物。  しかし車やバイクは、雨でも走りますので、

家電製品の様に、水で濡れてショートしたら、役に立ちません。

自動車やバイクは、濡れるし、振動もして、尚且つ気温の変化と製品の温度変化も大きいので、このカプラが非常に

重要です。 一般的に車の場合、室内側は防水カプラではありません。 

しかしエンジンルームは、防水カプラです。 よく洗車場にある、高圧洗車機でエンジンルーム洗浄してもカプラに水が

浸入しません。   これ当たり前と思うかもしれませんが、この技術日本車が凄いらしい。

よく外車の車は電気系統弱い(今は分かりません)と昔は言いましたが、その理由。

日本の気候があるらしい。 夏場の湿気、電気系統には凄く良くないみたいです。

諸外国は夏暑くても湿気が少ないので。 

カプラ接点の腐食で導通不良になり、正確に電装部品が動かないとダメになります。 

この失敗が、現在有利になったのでしょう。

このカプラ、当初市販の社外品購入しようと思いましたが、細かい作業は脳に良いので、全て自作します。

まずは実車写真。
カプラ1
この部分のカプラは上に配線が出ていないので、コントローラーからのデーター収集用のカプラかも。

上はメクラ用のカプラの様です。

でも基本は一緒作ります。


カプラ2
この様な細かい作業は、棒に付いた状態で作業します。

ベースはタミヤ製4角プラ材から切り出し、製作。

薄いプラバン貼ったりして加工。
カプラ3

この写真、型取り君から原型を型取り、粉末の原材料を型に入れ、液体を流し込むと、こんな感じになります。

そして型から抜くと、こんなかんじ。

カプラ5
複製できました。 これで何回も複製できます。

後は複製品を加工します。

カプラ6
小さいので完璧は難しいですが雰囲気は出来たかなと思います。

スポンサーサイト
トランス ポンダ 製作3
とうとう、ここも生地完成となります。  どの部分を作っているのか、確認します。

tpステー5
 青く長方形なのがトランスポンダです。  サーキット場により取りつけ位置が異なります。

もちろん今回はリヤフェンダー右に取り付けます。

キットに付属の物はこの時代、使用していないみたいです。   2005年以降なのかもしれません。

実際は分かりませんが。  

無い物は作るしかないので、作りました。   レースに詳しい方なら、この部品分かると思いますので、

完璧は無理ですが、出来るだけ再現しました。

実はトランスポンダの取りつけステーがあります。  それを製作します。

プラバンで製作。 
tpステー1

伸ばし黒ランナーにドリルで穴を開け、ピンの穴の位置を確認しながらベースのステーに接着します。

まっすぐに取り付ける為ダミーの真鍮線を通し確認。

ここから加工します。
tpステー2
上側を加工して、下側を加工します。 かなり大雑把です。

下側はトランスポンダの留めがあります。更に加工します。

tpステー3
下側の留め部分に3か所溝がありますが、自分の腕前ではこれが限界。 非常に小さく難しい。

完成白黒写真の印刷状態の細かい所が分かります。 そのくらい小さいです。画像では大きいですが。


tpステー4

割ピンを付け生地完成。 不満もありますが、自分の技術ではこれが限界。 

完全自作なので良しとします。
トランス ポンダ 製作2
今日は寒かったですね。 この地域は雪が降りませんでした。  でも寒かった。

あと1ヶ月ちょっと過ぎれば、この地域ではバイクでも快適になる季節。 早く春が来てほしい。

トランスポンダ。  実は他の機種でも使えますので、原型を製作しています。

とにかく小さいので、大変。  こういうのを手製で彫り原型を作る人は凄いなと思います。

細かく製作します。
tp1.jpg
4隅に組み立てスクリュの穴を開けたら、上側が少し凹んでいます。 これを正確に彫ります。

直線ラインが0.1ミリずれると、実車換算1.2ミリずれるので、実物を見た場合、変な直線ラインになります。

これ簡単そうで難しい。  そして原型完成したら、平らなプラバンに固定します。

tp2.jpg

センタ付近に穴を開け0.3ミリの真鍮線で何かの出っ張りを再現。  0.4ミリのスクリュを真鍮線で再現。

原型完成。 自分の腕前ではこれが精一杯。  

ここから複製します。 小さいので、プラリペアで複製します。 キットの中にお湯で温めると柔らかくなる型取りの用品があります。  これで型取ります。

tp4.jpg

型を取りました。 これも意外と難しいですが、綺麗に型が取れます。

キットの中に有る、粉(プラになる部品)を型にふりかけ、一杯にします。 それに液体を流し込むと上手くいきます。

その時エアが抜ける様に短時間に注射針を回すとよいでしょう。

固まると簡単に抜けます。

tb6

横の写真ですが上手く抜けました。この写真は抜けた後、ある程度加工してあります。  

実際は底の部分が広がり、レジンが流れています。これを削った後の写真です。

複製した部品 確認の為サフを吹きます。

tp5.jpg

4隅のスクリュはレジンで再現しようと思いましたが穴を開けました。 そこに金属の線を入れる予定。

その方が実車ぽいので。 このレジンと言うかプラキャスト意外と硬いです。

ガレージキットのレジンとは全然違います。   原型のプラバンの材質より硬いです。 
トランスポンダ 製作
レースの計測に必要な計測器を作ります。 

トランスポンダを製作します。

キットに付属のトランスポンダは、おそらくこの当時、使用していないようだ。2006から使用しているようです。

タミヤ製 2004 YZR-M1 のトランスポンダです。

かなりショボイです。

ポンダ1

計測用と割り切り使用をしません。  それではいつもの様に自作です。

ポンダ2
薄いプラバンと、厚いプラバンを貼り合わせます。  薄い方は少し、はみ出します。 これが後で重要です。

この写真では、凄く雑ですがそれでいいのです。  しっかり貼り合わせます。

ポンダ3
ある程度カットした写真です。 ある程度少し大きくしています。

ポンダ4

4角黒く鉛筆で塗っています。 これは組立用のスクリュがあるので、ドリルで彫りました。

黒い伸ばしランナーは、トランスポンダ取り付け用のピンです。 そこに割ピンを入れます。

ポンダ5
実際、ピンに穴を開けました。 

とりあえず下地編です。 
ホンダ シェルドバンス NSR250  センサー加工
昨日は、タイラップ加工です。 言い忘れましたが、最後の留めに瞬着しないと、自然にテープ剥がれますので。

念のため。 

今日はセンサーと言うか、テレビのリモコンみたいな感じみたいです。 受光部品なのかは分かりません。

受光部?の上側は、プロテクタなのかは分かりませんが、グレーのテープみたいな物があります。

レンズ1

超フラットのグレーで塗装しました。

ステーに留めるスクリュを取りつけました。 実車もこんな感じです。

レンズ2
実車の写真はプロテクタ?の部分は明るいグレーに写っていますが、実際は、暗いグレーの様です。

そして実物と比較。

レンズ3


大雑把ですが、カウリングから見える感じはこんな感じです。

レンズ4
タイラップの感じが本物の感じです。