バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう88,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

LEVEL1 FX-BLOG

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RC211V なぜ、まだエンジンの塗装すらしていないの?
当ブログ見ている方は18歳以上だと思う。 学生の方に言っておきますが、大人になって後悔する事、

それはもっと勉強しておけば良かった。 自分も含め大方思っています。 でもね、もう戻れない。 

教科書。 懐かしいよ。 この本に従い通常学びます。 模型で言うと組み立て説明書。

初心者でも組み立て易い様に、順序良く説明してあり、その通りに組み立てると思い描いていたRC211Vが完成します。

完成するとワクワクします。 自分で作ったのだと。 ここが模型製作の面白い所。 2Dから3Dになるのだから。

多少は失敗するでしょう? 最初から完成見本の様にはいかないです。 いかないから目標が出来るのです。

趣味はこんなものです。 だから楽しいのです。 

RC211Vの組み立て説明書は、まずエンジンから組み立てます。 

IMG_6208 (1280x960)

でも当ブログを見ていると、ほぼエンジンの部分の説明は少ないと思います。

それはなぜか? カーモデルの場合と決定的に違います。 

バイクの場合、まずメインフレーム、スイングアーム、そしてサスペンション、エンジンと接合する場合があります。

仮組が必要な場合があります。 仮組が必要ないタミヤ製品でも、あれ?と思うことはあります。

要はエンジンをベースと考えます。 なので触る機会が多いので塗装を避けます。塗装をすると塗膜が剥がれる為。

なので今の状態。
IMG_6207 (1280x960)

エキパイ付けてみました。

IMG_6206 (1280x960)

その差が分かり易いですね。
スポンサーサイト
RC211V  エンジン部分を考える。
今年で千葉に就職して29年が経ちました。 身寄りもいない、親戚もいない、友達も、もちろんいない。 

そんな中で4月1日は、特別な日だ。 ひとりぼっちの就職です。 今で言うボッチ就職でしょうか?

でも千葉に来て良かったですよ。 みんな気さくで、こんな田舎者受け入れてくれるし、良かったな。

まあ今では家族も出来たしね。

アラフォー、アラフィフには、F1は特別な存在だと思う。 今は人気低迷気味ですが、昔は違った。

F1と言えばアイルトン セナでしょう。 控えめな選手ですが、いざ走ると、凄い選手。 

日本人の名前にも選ばれる名前でもある。

残念ながらF1で散りました。  凄く残念です。 今生きていれば、F1の人気低迷のアドバイス出来たかもしれません。

自分はタバコ 一切吸いません。 見た目タバコ吸っているでしょう?言われますが全く吸いません。

もう吸いたいとも思いません。 当時、タバコのメインスポンサーが多かった頃のF1。

カラーリングで、どこのタバコメーカーは分かると思います。

これ買いました。

IMG_6203 (1280x960)
マクラーレンMP4/5B  よく見るとなじみの雑誌メーカーが有ると思います。 それはジャンプ。

当時これだけの文字で相当なお金が掛かったと思います。

IMG_6202 (1280x960)

中古品ですがそれなりにいいかな。

バイクモデル。凄く難しい。確かに思う。 

面倒だ。 整備士って待遇悪いけど後程、経験生かす事が出来るので、エンジンの構造など理解しやすい。
IMG_6201 (1280x960)
この部分穴は開いているのですがおそらく、エンジンの構造を知らない人が企画したみたい。

あのタミヤ製でもこんな感じす。穴を埋め修正。 正規の穴を開けました。 ここは6角レンチが入る部分です。

IMG_6204 (1280x960)
後日このメクラ蓋の説明いたします。  
RC211V フロントキャリパースペーサー
実車モトGPの場合、乾いた路面(ドライ)では、ディスクローターがカーボン製です。

しかし、濡れている路面(ウエット)では、スチールディスク製になるらしい。 あとサーキットの状況により、ヂスクローターの

直径が変わるでしょう。 その対応処置として、ブレーキキャリパーと、フロントホークの間に、スペーサーを入れると思います。

ノーマルはのキットはただの、リング状。 しかし実車は、中央付近が軽量化の為か、削ってある。

IMG_6168 (1280x960)

しかも、削り出し、金属の様です。材質は分かりませんが。 ピカピカ光っています。 

外から見える部品です。 加工をしましょう。 加工方法は過去ログで、公開済み。 

スペーサーの中央を削り、メッキシルバーで塗装をする。

分かり易くするため、キャリパーを取り付けてみる。

IMG_6166 (1280x960)

フロントフォーク部分はまだ塗装は完了していませんが、塗る方法としてこの順番が良いと思います。

IMG_6167 (1280x960)
金属の部品の様に見えるでしょう。 

これだけで、だいぶ模型の見栄えが違うと思います。 *社外の金属オプション部品は使用していません。ノーマル

の部分を加工しました。 



RC211Vブレーキ キャリパー
バイクのフロントブレーキは非常に重要だ。 もちろん制動の役目もある。 本来はそれが主だが。

しかしライディングでは、このブレーキングの入力方法で、上手く曲がれるかがカギになる。

プロライダー、特に予選の感想等を聞くと出る言葉は、まずタイヤ。 タイヤはレース用タイヤなので、市販品とはだいぶ異なります。

次に、ブレーキのフィーリングが出てくると思います。 確かにブレーキ掛けないで、コーナーに入る人はいないでしょう。

バイクの場合、右手のストロークでコントロールすると、上手く行きます。僅か1~2

センチの間でコントロールするのです。

基本バンク中はブレーキ、掛けないです。 リヤブレーキは姿勢制御の為、掛ける場合があります。

思ったよりカーブがキツイと思った時は、ジワーッとフロントブレーキ掛ける時はあります。 (速度制御と考えた方が分かり易い。)

バンク中なので一気にブレーキを掛けるとコケます。

ではどこまでブレーキを掛けるのか? コーナリング侵入手前から掛けます。 

そしてコーナリングに侵入する手前で、イン側に腰をズラします。 ハングオフの基本です。

 DUCAT SS900ieIの場合、本気モードで走る場合、体重移動をしないと、曲がらないです。

これが、バイク本来の基本と言う方はいます。

最初400ss乗った時も、コーナーオーバーばかりでしたから。 対向車いたら死んでいました。 それ程曲がらない。

今は違うかもしれませんが、2000年ぐらいのDUCATIのバイク、ブランドで購入したが、全く曲がらなし、コーナリング中に

安定感が無く、それが嫌で売り、国産車に乗り換えた人は多いのでは。 もったいない。 

自分は未だに乗りこなせては、いないですが、凄く面白いバイクだと思う。 

自分のバイク相棒と思う事あります?自分は、 もう50,000㎞以上走っている。 

ケーシー ストーナーは自分のバイクを信じ切って、DUCATIに2007年チャンピオンをもたらしたとか。

自分の場合整備も自分なので。

IMG_6144 (1280x960)


自分のバイクです。 綺麗では無いですね。

真ん中にブリッジと言う仕切りがあります。 強度の関係なのでしょう。取り付け方法はラジアルであるが

モノブロックでは無いです。当然仕切りが有るので1ピストン1パッドです。メリットがあるので、この構成だと思いますが

財布には厳しい設定です。 

IMG_6135 (1280x960)

写真は再使用画像ですが、モノブロックキャリパーの画像です。取り付け方式はラジアルでは無いです。

接合面は見れないです。

地味ですがこの部分の加工をします。 

IMG_6161 (1280x960)

ブレンボの文字は凄く良く出来ています。

そして、これがモノブロック。

IMG_6160 (1280x960)

小さいモデルが、違和感無く見れるのは、そのモデルが非常に出来栄えが良いと言う事。

ここを目指しております。 まだ下手ですが。
RC211V モノブロックキャリパー加工
ブレンボと言ってブレーキメーカーだと分かる方は、モータースポーツファンが多いと思う。 

自分のバイクも、ノーマルでブレンボ製です。 前のユーザーが、DUCATI 999の後期型に付いていた、

4ポットラジアルキャリパーが付いていました。 このキャリパー、1ピストンにブレーキパッドが1枚。 つまり

1キャリパーに4枚のブレーキパッドが必要。 ピストンが4個なので。 大変お財布に悪いキャリパーだ。 

なので左右で8枚使用します。 しかし良いところもあります。 それは、簡単にパッド交換出来る所。

よくパッド本体に固定用の穴が普通ありますが、このパッドそれが無い。 ちょっと変わった作りです。

bremboducati999.jpg

お借りした写真です。 これと同じ物が付いています。

IMG_6135 (1280x960)

これはRC211Vの物では、無いですが、モノブロック構造である。 

どこがモノブロック? 継ぎ目が無いです。 不思議に思わないですか?ピストンの収まる穴をどうやって開けているのか?

2分割なら分かる。 それぞれ穴を開け、左右をボルトで締めれば、出来ると思います。 しかし、継ぎ目が無い。

名前の通り、1つのブロックから作り出したのです。 硬性の為に。

タミヤ製品は安心できる。 しかし、金型の関係上再現できない所はある。 

IMG_6131 (1280x960)

すごく単純なのですがボルトなのです。 コトブキヤのボルトを加工します。 軽量化の為、先端がエグられています。

それを再現。 ドリルで彫りました。

バンジョーボルト位置が全く違うので変更。金型の関係でしょうがないですが。 

最初の位置は、構造的に変です。 

IMG_6133 (1280x960)

変更しました。 バイクに詳しい人で無ければ全く分からないと思いますが、変更します。

IMG_6134 (1280x960)

この位置が正解のようだ。