FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう10万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。



木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RC30 キルスイッチとスタータースイッチベースを作る
やや排気量の大きいバイクには、キルスイッチと言う物が機種によりあります。  その名の通り、そのスイッチを押すとエンジン

停止します。  RC30の場合キャブレーター車なので、転倒すると、エンジン止まると思います。

しかし今のバイクは電子制御燃料噴射装置が主流なので、おそらく転倒してもエンジン自体は止まらないと思います。

今の時代の方が、このスイッチの役目は高そうです。

次はスタータースイッチ。  その名のごとくエンジンを掛けるスイッチです。  写真はまだベースです。

DUCATI 400SSに乗っていた時、持病のレギュレーターが調子悪く、走行中、最初ミスファイヤー、

単発的に、エンストしたかと思ったら、またエンジンが掛かり、その後は、エンジン停止。 

バッテリーの電気が無くなりエンジン停止。  それなら押し掛け。  でも400ccのエンジンでも2気筒なので、

5から6速に入れても、タイヤロックする。  この時、初めて2気筒エンジンの押し掛けは難しいと思った。

諦めかけていたのですが、スタータースイッチを押すとエンジンが掛かった。  

スターターのありがたみが分かりました。


IMG_4146 (1280x960)
上の方がキルスイッチ。  下がスタータースイッチベース部分です。 

かなり細かいですが、意外と、この様な作業好きです。 

次は、左にあるウインカースイッチと、パッシングスイッチを作らないと。
RC30 キーシリンダーと小物製作
今、車は、イグニッションキーを差し込む所が無い車種が多い。 つまりプッシュスターターが主流だ。

便利だが、不安な要素がある。  そのキーレス スターター本体の電池が無くなると、エンジン掛からないのでは?

メーカーに寄りますが、実は電池が入っていなくてもエンジン掛ける事が可能なのです。  

室内でのエンジン掛けるのは無理だが、スターターボタンの周りにアンテナがあるのです。そこに近づけ、スターター

ボタンを押すとエンジン掛かります。 トランスミッター本体にあるチップと照合するので掛けられます。

意外と知らない方が多い。  

バイクも一部、キーレスでエンジン掛けられる機種もありますが、やっぱバイクはキーでエンジンを掛けたい。

約30年前のキット。  キーシリンダーはこんな感じ。

IMG_3775 (1280x960)
これ何?って感じ。  当時の人は一生懸命やったと思う。 でも、おそらくバイクの事あまり詳しく無い方が担当した可能性が

あります。 やっぱ市販車は、この様な所を、きちんと再現してほしい。

削ります。  ベースは、真鍮パイプから押し出した、アルミテープを貼ります。

IMG_3777 (1280x960)
ちょっと写真ボケていますが、この意味。  それはキシリンダーの差し込む部分を再現する為。

通常メッキ部分です。

そしてキーの枠部分。
これはモデラーズの切れているプラ材に穴を開けました。

IMG_3779 (1280x960)

そして、キルスイッチとスタータースイッチをこれから再現します。

IMG_3782 (1280x960)

IMG_3780 (1280x960)

RC30 フロントブレーキ廻り完了
自分は本物のバイクも乗るし、実際自分で整備します。 やっぱ事実と違うのは、残念だ。(組み立てのし易さの

場合もあるので一概には言えない)でも、構造を分かっているならば作るしかない。

IMG_6953 (1280x960)

これはタミヤの凄い技術です。 それ風に見せる。さすがです。  仕組みを分かる人間として少し残念。

それならば本物の様に作るしかない。  今まで、リザーバータンクとステーは作りました。  

今度はタンクとマスターシリンダにあるホースを作ります。

IMG_3772 (1280x960)
別の角度。
IMG_3773 (1280x960)
仮組ですが、これで構造上は本物と一緒です。
RC30 フロントブレーキ リザーバータンクステー製作
クラッチの方は、マスターシリンダとタンク一体型ですが、フレーキの方は、タンク別体方式。  と言う事は、タンクを固定する

ステーが必要。  材質は、アルミか、ジュラルミン製の様である。   アルミで再現します。

缶ビール飲みますので、上の部分が使えます。

IMG_6974 (1280x960)

切り出します。  この厚みが丁度良い。  ハサミで切り出せます。

IMG_6975 (1280x960)
そして強度も丁度良い。  

位置決めの、折り返しを作ります。

これは実車にもあります。
IMG_6976 (1280x960)

ヤットコで抑え、曲げる部分をドライバーの柄で叩きます。  そうするとこんな感じになります。

そして取り付けてみます。
IMG_6977 (1280x960)
ちょっとステーの角度がキツイかも。  修正の余地あり。 
RC30 フロントブレーキ リザーバータンク製作。
フロントブレーキリザーバータンク。  油圧式のブレーキには必ずあります。  何のガ為にあるのか?

もちろん、半透明の容器にブレーキフルードが入っているので、ブレーキフルードが入っているか確認の為。

これが重要。  常に油圧システムにエア入らない様にする為。  自分で、ブレーキの修理した方は分かると思いますが、

エアが入るとレバー握ってもスカスカになると思います。

その重要な部品。  リザーバータンク。  実車の写真。

IMG_6973 (1280x960)
そして、タミヤのキット。

IMG_6953 (1280x960)
良く出来ていますが、ヤッパこれでは納得いきません。

指定色、リザーバータンク部分はフラットホワイトです。  半透明な容器なので、これを再現します。

いつもなら、クリアランナーを使いますが、容器が太いので、ランナーを、ライターで炙り、溶かし、ある程度太くします。

IMG_6960 (1280x960)
ここから削ります。

IMG_6964 (1280x960)
ある程度形にします。意外と丸く作るのは大変。

キャップは、タミヤの部品を使います。

IMG_6967 (1280x960)
上の部分だけカット。

取り付けます。

IMG_6969 (1280x960)
そして、固定部分の補強も取り付けます。
IMG_6972 (1280x960)
これなら、似ているかなと思います。