FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう10万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。



木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。V10エンジン。
あれほど間違っているのに、なぜかここだけは、間違っていない。 

しかも完成後、見えない部分である。  それはスロットルボディ部分。

IMG_1315 (800x600)
知らない人はこの穴のズレおかしいと思います。 でもこれが正解なのです。 

もし、この穴にズレが無かったらエンジンの構造を知らない人が作ったと思う。 

それはコンロッド1枚分の厚みがあるからこの様になるのです。
スポンサーサイト



ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。ウイング一体型ドライブシャフト。
ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。ウイング一体型ドライブシャフト。

その名の通りドライブシャフトがアッパーアームを貫通してウイングとし、一体型した物。

初めて知った。  回転するドライブシャフト自体、速度による乱流を考えて作ったようだが、

結果的に翌年後期には廃止になったようだ。 

普通なら、こんな考え方はしない。 

それ程アクティブサスペンション廃止の影響があったようだ。

IMG_1314 (800x600)
固定する普通のウイングと違い、少なからず上下運動するアッパーアームサスペンション。

これ自体ウイングにするのは無理があったみたい。

IMG_1313 (800x600)
でも、このモデル悲しい位いの出来栄え。 

しかし、ある考え方を持つと前向きになれる。

それは フルスクラッチビルド模型を作る訳では無く

ベースと考えれば行けます。

自分で1から作るのは大変。  それをサポートしてくれるフジミさんなら考え方は変わります。

どんなに間違った説明書と製作工程でも許せます。 

IMG_1312 (800x600)


この後、最大の間違いを直さないといけないようです。 

いい加減にしろとF1模型ファンなら分かるみたいですよ。

それは後日アップします。 それはフロントサスペンションにあるみたい。

最後に一言。 最後のセナがドライブするF1。 FW16製作してくれたフジミ模型さんには感謝します。

問題があろうが。 それは関係は無いです。 
ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。テールランプが無い。
自動車を運転して、夜間、濃霧の時ほど、前方の車のテールランプ点灯の、ありがたみが分かります。

F1も悪天候の時、テールランプを点灯します。 ストップランプではありません。

フジミのキット。  やはり凄いです。 何とテールランプのモールドも無いです。 

そして、塗装の指定も無く、もちろんデカールでの表現も無い。 

IMG_1310 (800x600)
カウリングに合わされたフルカバータイプの透明パーツは割と綺麗に取り付けられます。

テールレンズは透明プラバンで自作するしかない様だ。 

ある意味フジミのキットはベースキットの様です。 

ここまで酷いと、ある意味、楽しくなります。  ベースキットと考えれば。
ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。ボルティックスジェネレーター
自動車業界にいるとジェネレーターは発電機です。 これが無いと車は動きません。 

バイクレーサー模型と違い、F1模型は空力関係の言葉が多い。 ボルティックスジェネレーターって何?

と思っていた。名前の通り乱発生装置みたい。 

FW16にはサンマリノGPまでフロントウイングに付いていました。 

フジミさんのキット。そこまで再現されていますが、どうやら説明書も間違っている見たい。 

IMG_1306 (800x600)
黄色く囲ったっ部分の部品がボルティックスジェネレーターです。 

これ実は反対の様です。

IMG_1307 (800x600) (2)
説明書通りに作るとこんな感じ。 

でも正解は、この様ですよ。

IMG_1308 (800x600)

あり得ない間違いです。 危うく説明書通りに作ってしまう所だった。 

何でこうなるのか分からない。 手強いと聞いているが、組み立て説明書も間違っていると、どうしょうもないよ。
ウィリアムズ・FW16  パシフィック仕様。
明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 

今年は、ちょっと趣向を変えます。 F1模型を作る事。 

バイク模型。部品ばかり作り、完成が見えずらい分野です。 息抜きも兼ねてF1模型作ってみます。

どうしてもアイルトンセナのF1模型を作ってみたい。 大抵最後のサンマリノグランプリ仕様を作りますが、

その前のパシフィックグランプリ仕様を作ります。 日本です。

低速コーナー仕様らしいですよ。 

リヤウイングがかなり違います。 それは後で。 

タミヤ製で無いのが残念です。 フジミのキットは手強いとは知っています。

IMG_1298 (1280x960)
この潔い強引さ。さすがです。

この様に作るとコクピット、あとで嵌める事が出来ないです。

でも出来る方法があります。 諦めないで。

IMG_1283 (1280x960)
ここの部分を削ります。

定番らしいですが、この様に削ります。

IMG_1294 (1280x960) (1024x768)
まずメーターを入れます。
IMG_1285 (800x600)

そしてシート部分。
IMG_1295 (800x600) (600x800)
この様にあとで嵌める事が出来ます。
IMG_1296 (800x600) (600x800)
フジミのキット普通に外装を作ると大変な事になります。
IMG_1299 (800x600)
合いが悪く、浮きます。

入念な下処理をしましょう。
IMG_1302 (800x600)
写真では、まだ処理途中ですが、ここまでやります。

こうしないと、見せ場の外装がダメになります。

メインスポンサーが、たばこメーカーのロスマンズカラーなので当然メーカーのロゴは

キットに入っていません。

しかしデカールが買えるのですよ。模型処バルケッタ。通信販売ですが気軽に買えます。

IMG_1300 (1280x960)
そして肝心のロゴです。
IMG_1301 (1280x960)
やっぱ、このデカールが無いと意味が無い。