バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう88,000キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

ホンダ RC211V製作しています。 後期型。

木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

LEVEL1 FX-BLOG

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



デジタル マルチ テスター
人事異動に伴い、今まで、前の営業所では、共用工具があった。  共用工具とは、お高い工具です。

プロが使うので、安い工具では無いです。    その工具の一つ、デジタルマルチテスター。 

車は電気部品を使っていますので、電気系トラブルシューティングの時はこれが無いと仕事になりません。 

そして、この共用工具のお値段。 何と¥60,000以上。 確かに色んな機能があり使いやすい。

個人的には買えないです。 そこで、同僚の工具を借りるのも申し訳ないので、思い切って、

共用工具とメーカーは一緒のフルークの製品を買いました。 流石に¥60,000の物は買えません。 

でもテスターとしてはお高いフルーク117マルチ メーター約¥26,000です。 一生物だと思えば安い物。

工具って安い、高いに限らず、(自作もあります。)良い物は、その工具によって、プロとして、いい仕事が出来るのです。

製品って目に見えますが、作業料って目に見えないですよね。 ここなんです。 

自分はベテランの分類ですが、でも自分も見習いの時がありました。 これも医者と一緒でいつかは実車(人)を触るしかない。

今、新人がいますが、とにかく教えるしかない。  昔みたいに技術を盗め、なんて言っている場合では無い。 

その新人にも、いい仕事しようと言っています。 当たり前ですが、プロの自覚って1年ぐらいかかるのでは?

新人に目には見えないサービスを教えています。 目に見えないからこそ信頼関係が必要だと思う。 


スポンサーサイト
色んな事情があろうが諦めるな。
自分の家庭は、今思えば、普通より貧しかったかも。 兄弟4人で、お金もかかったと思うが、両親は前向きな家庭で

お金のことは一切話さなかった。 しかし、整備士の専門学校希望の時は、さすがに断ってきた。 

家庭の事情ではしょうがない。  でも当時、整備でも見習いから入れた。  

資格を取るとは凄く大変。 まず半年間日曜日に、朝から晩まで講習。 当時、仕事が休みの日でした。 

基本休む事はNG。  とても厳しい。  そして試験。 ガソリン3級は1回で受からないとNG。

ガソリン2級になると、更に、たしか2年の経験が必要。 また同じように半年間講習。

ここは、かなり難しい。 1回で受かるのは難しい。 でも何とか1回で合格。   

そして、車の車検って誰が合否の判定しているか?それは、自動車検査員なのですよ。

この資格を取るにはまず、事業所の推薦が必要。 そして当時2週間で法令及び実務を学び、試験。

そしてこ、の期間はいかなる理由でも遅刻は認めない。 とても厳しい期間でした。  

その理由は、みなし公務委員となるため。 事業所で法令違反した車は絶対受付すらしてはならない。 

知合いですからお願いしますよーもダメ。 凄く厳しいのですよ。 もし違反だと分かって受付してその後、

街頭検査で引っかかったら、その事業所は、まずかなり凄いペナルティが課せられます。

指定停止(民間車検場)又は取り消しがあります。 それ程厳しい規定なのですよ。

みんな諦めるな。 家庭の事情もあるが。自分は高卒で実は商業科卒なのです。 

要は、自分の目標に行くこと。 それが見習いでも。 何とかなります。 やる気です。

18歳で見習いから26歳で検査員資格取得できたのですよ。

諦めるな。 資格は一生物です。 

IMG_6466 (1280x960)

この紙1枚が証明書です。  裏には検査員の心構えが。

IMG_6467 (1280x960)

諦めるのは簡単、それはいくらでも言い訳できるから。 でも資格を持つのはある意味、武器ですよ。

こんな見習いから検査員の資格まで取れたのですから。 諦めない。
ブリジストン BT023R  リヤタイヤ交換
タイヤは色んなメーカー、パターン等を使用してきました。 ハッキリ言って、みんな凄いタイヤだと思う。

たかが80馬力のバイクなのでそうかもしれませんが。  そして80馬力だけど、意外と下は力ありますよ。

今日は曇りだが暑い。 意外と手組のタイヤ交換、力を使います。  今日は全体的にビート部分が固かった。

IMG_6460 (1280x960)
リヤホイール外すのは、10分から20分で完了。 

そしてビートブレーカーでビートを落とします。 

更に、まず、タイヤを1面外します。

IMG_6461 (1280x960)
ここまでくると、手で外せます。 

そして完全に外すのに、今回ちょっと時間がかかりました。  外すタイヤのビート部分が固かった。  


何とか外れました。

IMG_6462 (1280x960)
 
新しいタイヤを最初に入れるのは、工具は使いません。 そのまま一気に押し込むと、すんなり入ります。 


最後の組み込みは、タイヤのビート部分がホイールのビートが収まる部分にあると、タイヤが入りません。 

タイヤを潰すのが、上手く行くコツ。  この時タイヤが凄く変形しますが、気にしない。 

そんな変形でダメになるタイヤは最初からダメです。 

IMG_6463 (1280x960)

タイヤが入りました。 今回も車載用エアコンプレッサーでビートが上がりました。

 嘘だと思いうかもしれませんが、ビートは上がります。

ただし、車のエンジンを掛けておき、エアバルブのムシは抜いた状態にします。 

そして、タイヤのビートは入りましたが密着させるには少し走るしかない。

ホイールバランスは、このバイクの場合、必要ないみたいです。時速 300㎞で走行するのでは無いから。

軽く走ってきました。 サイドは全く使えていない。

IMG_6465 (1280x960)

バリ山のタイヤだ。

どうでしょう?自分でタイヤ交換。 リスクはかなりあります。 少なからずリムには傷が付きます。 

でも、割り切ると自分でタイヤ組み込んだので、達成感はありますよ。 

中古タイヤ、色々と試せる。  でも冒頭の様に、メーカーが必死で作ったタイヤ、悪い訳がない。 

でも、ある国のタイヤは未だに試していませんが。 ちょっとその勇気は無い。 新品で安いけど。
タイヤ交換工具
明日、4日はツーリング予定でしたが、台風の影響で、天候が良くないみたい。 

来週に延期します。  明日はタイヤ交換します。

仕事柄、ボールペンを使用します。  ボールペンって、非常に重要だと思います。 字は綺麗な方ではありませんが、

書き易さは、メーカーによって違う。 これは誰でも思うでしょう。 

そして自分は整備士のプロです。  工具って凄く重要です。  当たり前ですが。 

仕事で使うPBマイナイスドライバー0ドライバーは、凄く優秀です。  このドライバーはマイナねじを緩める為に使用をした事がありません。 

では、何に使用するか?  それは、リヤピストンシリンダーのピストンカップ(シール部品)を外すのに有効。 

それと、そのピストンカップの漏れを見るのにダストブーツラバー部分を傷つけないので、有効。 

更に、サイドシル部分のプラスチック部品を外すのにも有効。 その他、色んな部分で使用できるので、この工具無くすと

凄く落ち込みます。 整備士って工具を無くすと凄く落ち込みます。 

ホームセンターで売っている工具も優秀ですが、工具メーカー専門でプロのお店に訪問するメーカーは、やっぱ凄い。

次元が違います。 お高いですが。 

明日はタイヤ交換予定。 もちろん手組です。 タイヤチェンジャー等は使いません。 

やろうと思えば出来る環境ですが、あえて、そんな楽な事はしません。 

やっぱ苦労をしてタイヤを自分で組み込む。 技術を蓄積したいのです。

もう、自分で何回タイヤを脱着したか忘れました。 

皆さん道具に興味ありません?  

この2本でやります。

IMG_6457 (1280x960)

かなり、クタクタです。

IMG_6458 (1280x960)
メッキ剥がれています。

そしてホイールリムプロテクター傷だらけです。 傷があるから本来のホイールを守ったのでしょう。

IMG_6459 (1280x960)

ツール (工具)
自分はプロの自動車整備士です。  今、あまりこの仕事目指す方は少ないみたい。  とても残念です。

技術が身に着けば、自分で車の整備が出来るので、整備工賃面等はお安く出来ます。 

整備をするのには、当然、工具(ツール)が必要です。  しかもプロなので、一番大事な事、それはネジ(ボルト、ナット)

の頭をナメない。  要するに、工具と接触する部分を破壊させない。  特にエキゾースト系に使用されているボルト、ナットは

慎重に作業をしないとすぐ頭をナメます。  12角のソケットレンチを使うとすぐダメになります。 ここは6画でレンチで、行きます。

そして緩める前、ボルトの頭の部分をハンマーで叩き、オイルスプレーを浸透させると、割とボルト折れ等が無くなります。 

要するに、業界用語でネジ山がクッてしまう。 これは、かなり厄介です。 これを回避するため。

プロになると、ボルトを緩める瞬間で、上記の現象が分かります。 もうこれは、経験を積まないと分からないと思う。

もし緩んでも、途中で、緩めるボルトが固くなる。 これもやばい。 こんな時は、おそらく何か所でボルトを留めていると思います。

一旦その緩めたボルトを再び締め付けます。 要するに、ダメなボルト部分に負担を掛けない為。

そしてオイルスプレーを浸透させ、一旦締め付け、緩ませる事を交互にやると、上手く行きます。 

ただし、おそらく、そのボルトのネジ山はダメになっている可能性は大です。 修正もしくは交換が必要でしょう。

なので、エキゾースト系の修理の場合、ボルト、ナットは新品使用しています。

営業所の移動で、今まで、会社で用意していた、トルクレンチが、この営業所には無いようだ。

同僚のトルクレンチを借りるのも、忍びないので、1/2トルクレンチを購入しました。

この1/2とは何か。 ソケットと、工具の接合する4角の部分の大きさ。 ここの大きさは他に 3/8これは一般的、

1/4があります。  何だこの意味と思うでしょう。  日本はミリ単位の国ですが、この部分だけインチなのです。

1インチ 2.54センチメートル。 それを2で割ると1.27センチメートル。mmで言うと12.7mm。 

と言う事です。  

通常1/2トルクレンチは2万円位いします。 しかしアストロプロダクツは割と安く購入できます。  今回はキャンペーンで約¥2,000引きでした。

国内製では無いと言え、ホイールのナット、ボルト締めや、センターナット締めには有効でしょう。

IMG_6447 (1280x960)
IMG_6448 (1280x960)

この工具は40N-m~210まで出来る。   

エンジン内部や、その他のトルクレンチは既に持っており、それはスナップオン製で凄くお高い物です。 これは3/8のソケット専用です。

これが無いとエンジン内部の修理は出来ないです。 エンジン内部の修理は勘では出来ないです。 それ程重要な工具です。

では、どうやって、規定トルクを知る事が出来るの?  今はデジタル系もあるが、プリセット型と言って、規定のトルクに達すると

カッチっと音がするのです。 アナログだから、故障は少ないと思います。  

では、どうやって設定するか下側のハンドルを回しねじ込みます。
IMG_6452 (1280x960)
数字あると思います。 ネジ込むとその数値に行きます。 そこで設定するのです。 

ただしトルクレンチの保管方法は最低トルクにネジ戻さないと、後で数値が狂います。 

そして、プロはインパクトレンチを使います。

これが無いと仕事になりません。 凄く便利な工具です。 ホイール脱着は、あっという間に出来ます。 

しかし、最後のホイールナットのトルク管理は今回購入したトルクレンチでやらないと、ナットをクッてしまう場合があります。 

当然、緩んでいるとホイールが走行中外れます。 とても危険です。 なのでトルク管理は必要なのです。

ついでにインパクトレンチ用ソケット、14mmと17mmを購入。 

IMG_6449 (1280x960) (2)

これは割と使う。 一般と違うのはその肉厚。

IMG_6450 (1280x960)

いい仕事をするのには工具は大事なのです。