FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう11万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。

今年フランスYAMAHA  YAMAHA YZF-R125購入しまし

た。凄く楽しいです。


木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今の125ccのバイク凄いと思う。
前から言っています。 125ccのバイクなめていた。 でも実際所有すると凄く楽しい。
大型バイクには無い限られたパワーを有効活用して、少しでも速く走る事が楽しい。
悲しくなる15馬力。 でもそれは、単なるスペックで、走り方では、15馬力を全て使える走り。 あの150馬力では無いです。
でもたった15馬力ですが、走り方により、凄く速く走れる。 絶対的パワーはもちろん無いので、スピードは落ちますが、中低速コーナーは分かりませんよ。
IMG_3835 (1280x960)

スポンサーサイト



シングルスーパースポーツ
シングルスーパースポーツと言えばスズキ グース実は今でも欲しいです。 まあ無理ですが。 せめて車検の無い250もいいかな?と思いますが。
とにかく当時かっこよかった。 今みたいにコストダウンが少ない時代。 よかったな~。
フロントディスクもシングルなのが最高。最近、見栄えのWディスクより、シングルディスクの方か、キビキビ曲がる感じで好きだ。
当然イメージカラーの青を選ぶ。 しかし250には無い。 でも、今発売されれば、すごく人気になると思うのですが?
多分250でも凄く速いと思いますよ。 
忘れてはいけない。自分のバイクも排気量は250ccの半分以下ですが、シングルスーパースポーツです。
とても楽しいです。 10,000回転までは回ります。それ以上はリミッターが効きます。俗にいう点火カット。
バイクって面白いのですが(中古)今まで10*出すのがやっとでしたが、最近、馴染んだのか普通に10:出る。
乗る人に合わせるようになるのです。 これは中古バイクならでは?
DUCATIのエンジンもそうでした。 載せ替えたときは、うまくエンジンが吹けないけど、おそらく前のユーザーの乗り方?
そのあとは自分の乗り方で走ったら吹けるようになった。中古バイクは面白いです。新車には絶対無い感じ。
当初、たった15馬力。 悲しいと思いましたよ。 でも、今、この馬力で普通にツーリングできるのが分かった。
そして更に走り方によりますが、コーナリング10*で行けます。 サスペンション何も調整機構無いのに。驚きだ。
シングルスーパースポーツ楽しいです。
GVSO5560 (1280x720)

見た目は当然、スーパースポーツですが中身はシングルスーパースポーツ125です。このギャップがイイ。
何で125ccスーパースポーツバイクが好きなのか?
最初に言います。車は最高だと思います。 何をするにも。 エコ運転な車と、目立ちたい車。自分は後者かな。
でも残念な事に車には興味が無いのです。車ディーラーにいながら。 普通に快適に走れば良いと思っている。
当然マフラーは純正。 車は、静かな方か良い。純正マフラーって凄いです。 純正だけあって、下のトルクはありますよ。
研究とコストと耐久性を考えた上でしょう。だから今YAMAHA YZFR-125のマフラー交換悩んでいます。
音は凄くショボいです。 悲しい位。 でも6速でツーリングできるなら今で良いかな?
車体自体のコストは掛かっています。そこで見かけのマフラーは外装だけですよ。コスト掛けなくカバーで切り抜ける。そこも好きです。
内側に本物のマフラーがあります。
IMG_3102 (1280x960)
ここでコストを抑え、その分、フロントブレーキシステムが全てブレンボ製。バイク乗りには分かるコダワリです。
IMG_3007 (1280x960)
ブレンボタッチと言うのがあります。 要するにコーナリングの組み立ては自分個人としてはフロントブレーキが全てだと思います。
ここで、全て制御していると個人的に思います。 多少リヤブレーキも使います。 
コーナ-リング突っ込む時、この速度で曲がれると思う速度に調整するのがフロントブレーキだと思います。
ガツンと効くブレーキシステムがブレンボ製だと思います。 ガツンと効くけどフロントホイールはロックしません。
その辺が凄いと思います。
そして、所有感。 125ccスーパースポーツなんて?コストダウンの塊?20年くらい前は、売れないから、
一応メーカーは作っています状態。当然、コストダウンの嵐。 所有感なんか無いでしょう。だって、普通2輪免許持っていれば
250ccのバイクに行きますよ。 当時、それが普通でした。 
しかし、近年、SUZUKI GSX-R125国内販売により、事情が一転。 スズキは読んでいます。
自分らの世代。40から50歳代。 若い頃、当時の中型免許持っている方は多いと思います。
 しかし子供の子育てでバイクを離れ、バイクも売ってしまった。 
バイクには再チャレンジできない。 経済的に。 今車を持っている当然任意保険は掛けているでしょう。 
そこに追加でファミリーバイク特約が出来るのは125ccまでのバイク。そこを狙って発売したと勝手に思っています。 
今、国内ではスズキが125ccスーパースポーツ系では独断場です。今の所、日本車ではホンダも頑張っているが、ちょっと
残念な状態です。 海外は凄いです。 色々あります。 まあその海外に入るのがYZF R-125です。
日本製では無いです。 メイドインフランス製です。
やっぱ海外の競争力大きいのでしょう。 でないと生き残れないです。
YZF R-125は更なるコスト掛けるアルミ製スイングアームだ。

IMG_3127 (1280x960)
こんなに硬性の高そうなアルミ製スイングアーム。 この写真、見ても125ccスーパースポーツには見え無いです。
他は削っているけど。 スチール製デルタボックフレームも凄いのに。
最後に凄いのが、ライトが2灯式。 普通コストダウンするならば、1灯式でハイ、ロー切り替えならばコストは半分。それが、
わざわざ2灯式。 まあ左右でハイとローの切り返しだが。
IMG_E3827 (1280x960)
この2灯式では無いとYAMAHA YZF-Rでは無い。ここがデザインで一番好きだ。つり目2灯式。
日本の企画だったら、ここまでコストは掛けないと思う。 そこは欧州のフランスヤマハ製だから。
向こうでは、125ccのバイク人気だから。 免許制度も違うので。 
先ほどホンダさんの125ccスーパースポーツ頑張っていると言いましたが、別のスポーツモデルホンダ CB125Rは凄い。 スーパースポーツバイクでは無いがクオリティが高い。
もう250ccのスポーツモデルいらないのでは?と思うくらいです。欠点と言えば高速道路に乗れない位い。とても素晴らしいバイクだ。  
2回前の記事でも書きました。 125ccのバイクナメていました。 自分は凄く反省しています。 だって、普通2輪免許取れば
最低250ccのバイクに当然行きます。 125ccのバイクなんて眼中には無い。 それは当たり前です。
普通2輪免許取ってわざわざ125ccのバイクなんてありえないでしょう。人間本能的に乗れる上限を目指します。
まあ400ccまでだけど。でも今の400ccのバイク、あまりリッターバイクと変わらない。リッターバイクが小さくなったので。
125ccのバイク魅力感じるのは、大型バイク所有して乗っていると凄く楽しいと分かるのかも。
確かに大型バイクは楽ですよ。 シフトチェンジに関してはss900ieも一緒かな。 頻繁にしなくてはいけない。
ただし、速度の出方はハンパ無い。 あっという間に12*は簡単に出ます。しかも加速の力がハンパ無い。
フロントタイヤの荷重が抜けて浮きそうになります。 L型2気筒エンジンSOHCなので低回転からトルクはあります。これはこれで凄く魅力的だ。
これを知ると125ccのバイクなんてと普通思います。意味が無いバイクだ。と自分は最近まで思っていたことが悲しい。
確かにパワーは15馬力。このスペック魅力は無いでしょう。 だって今スーパースポーツ1000㏄のバイク200馬力越えが当たり前。
たった15馬力。でも最近思うのですが、直線は完全に負けます。 しかしコーナリングスピード。 意外と大型バイクと変わらない
気がします。 たった15馬力のバイクで?要はそのバイクを100%に近づける。 15馬力はアクセル常に全開です。 
意外とDUCATIss900ieも一緒です。 だって、たった80馬力だから。 だからこのバイクもいつもアクセル全開です。
サスペンション、タイヤの面では不利だ。 サスペンションは何も調整機構が無い、そしてタイヤだ。 ラジアルタイヤでは無く
バイアスタイヤだ。普通ならこれでコーナリングスピード1*0は無理だろう。しかし行けます。
これは車体の硬性があるのと思われる。 しかも安定感があるのですよ。不安が無い、さすがハンドリングのヤマハです。

総評すると、125ccスーパースポーツ、たった15馬力です。 以前は誰も見向きもしなかったカテゴリ。
今、個人的に熱いです。バイクの本質を知るきっかけになりました。だから バイクが好きだ。
125ccスーパースポーツバイクに乗って思う事。
今、何かと話題な125ccのバイク。 当然スクーター系はカテゴリでは最高でしょう。
実家(新潟)にあるホンダPCX125 使い勝手が最高です。 シート下には大容量の荷物が詰める。 これだけでキャンプには行けそうです。 とても魅力的だ。
そしてホンダのスーパーカブ系も頑張っている。 ハンターカブ、クロスカブ等もちろん普通のスーパーカブも。こちらは125㏄以下ですが。 
そして最近話題の125ccスーパースポーツ。125ccでスーパースポーツ? 自分もあり得ないと、つい最近まで思っていた。
だって125ccでどれだけ速いの。 遅いに決まっている。 スーパースポーツごっこでは?形だけ。 
残念ながら自分も思っていた。 しかしメイドインフランス製の本場欧州で企画したYAMAHA YZF R-125偶然にも購入できて、
125ccスーパースポーツの見方が変わった。 ブログで何度も言っていますが、出だしは普通に乗ると悲しいくらい遅い。 とにかく普通に乗る分には遅いです。
しかしツーリングには使えます。 6速で50㎞以上あればそこから加速して普通に乗れます。意外とこれが凄いのです。
ではスーパースポーツの面は?やっぱ形だけ?そうでは無いです。 乗り方が分かると速いですよ。ただし直線以外に限りますが。自分舐めていました。
絶対的速度は、及ばないが、それに近いコーナリングが出来る。9*から10*位いで曲がれる。 
何もサスペンション調整機構が無いのに。 しかもコーナリング時、安定しています。 そしてタイヤはバイアスタイヤなのに。
これには驚きだ。YZF R-125の車体が良いのかもしれませんが。DUUCATI ss900ieとは全然違います。
そして、たった15馬力の恩恵は、タイヤが減りにくい。 チェーンが伸びにくい。 ss900ieなんか3,000㎞でタイヤが終わります。
チェーンも意外と早く伸びます。 つまり消耗品の恩恵を受けます。という事は、お財布に優しい。エンジンオイル交換も1リットルですよ。
その分、グレードの高いオイルをチョイスできます。 実際、所有してみて分かった事。 明らかに大型バイクとは消耗品の金額が違うのと、交換サイクルが長い。 
パワーの面では不利だが、それを補うメリットは多いと言う事が分かった。 
そして見た目、バリバリ スーパースポーツの形なのに、パワーは、たった15馬力。
たった15馬力を生かす事を覚えた。 大型バイクに乗っていれば、パワーの事など考えないと思う。 だって余裕が有り余るから。
速い、スタートダッシュは、シフトタイミングを考えないといけない。  そしてコーナリング侵入時のシフトタイミングも考えないと、いけない。
間違えるとパワーが無い分、失速します。 これは大きな痛手です。でもね全てネガティブに考えてはいけない。
上記の方法が上手くいくと、大型バイクには無い達成感はあります。 今コーナリングスピード10*だよ。 
たった15馬力のバイクで、調整機構何も無い前後サスペンション。 そして極めつけはラジアルタイヤでは無くバイアスタイヤで。
YZF R-125はスチール製デルタボックフレームと、アルミ製スイングアームで、10*でも安定感があるのかも。
コーナリング攻める方は分かると思いますが、この速度で突っ込み曲がり切れると何となくこの車体ならイケルと分かります。
それがYZF R-125で分かるのです。 最初は自分もバカにしていた125ccのバイク。 いざ所有してみるとメリットがいっぱい。
パワーに頼らないバイクの本質を教えてもらえたバイクです。 逆に言えば大型バイク乗っているから分かる事かもしれません。
バイクライフの幅が広がりました。
IMG_E3827 (1280x960)

まさか、自分が125ccのバイクオーナーになるとは。
ついこの間まで、全く125ccのバイクには興味が無かった。 だってパワー無いでしょう?
そして最大の欠点。高速道路には乗れない。 スクーター系は、別で考えていた。 通勤も良いし、積載能力も凄い。 
さて、スーパースポーツ系は?5年位前は国産メーカーでは無かった。 でも、3年位い前からSUZUKI GSX-R125が話題となっていた。125ccスーパースポーツ.。 でも国産では無いがフランスヤマハで作っているYAMAHA YZF-R125は知っていた。しかしフランス製だ。輸入バイクです。ヤマハですが。 カッコいいと思っていました。 でも現物は見たことが無い。 案外写真と実物ってかなり違います。
しかし実物は遥かに写真よりカッコいいですよ。 実物見て惚れた。 外装は悪かった。 物には思いは無いと思いますが、安いけど
外装が悪いので敬遠された悲しいバイクかも。 今年1月初めの高熱出し会社休んで、ふと見たサイトに今のバイクが載っていた。
YAMAHA YZF-R125中古でも38万円位いで値が落ちない商品です。 それが整備料金諸費用含む税込み約¥260,000。 
自分がまさかYAMAHA YZF-R125のオーナーになれるのでは?と期待はしました。
でも、悩みました。 外装が悪い。 でも自分で治す楽しみも、このバイクから得る事。 
まあ整備士なのでエンジンがダメだと外装よりお金は掛かるし大変だ。 そこで決意しました。 YAMAHA YZF-R125のオーナ-になれました。 
貴重なバイクです。 自分も自分のバイク以外見たことが無いですよ。 
前にも言いましたが、川崎市からバイク引き取り時、やばい位い遅いと思いました。 頭によぎったのは返品。でも出来ない。
\26万円出して、この性能には凄くがっかりした。 普通に走ると遅いですよ。 ヤバい位い。 スクーター50ccの方がスタートダッシュ速い。 何もいい所が無く見かけだけでは?実は乗り方が分からなかった。 たった15馬力だ。
この性能を生かし切って走ると実は、速い。 大型バイクの乗り方ではダメです。 パワーの甘えが許されない。
とにかくピークパワーを使い切る。 回転数を合わせながら。 そうすると、ヤバい位い速くなります。 
だから今自分が恐れているのが、コーナリング中、ピンクナンバーのバイクに越される事。 現実味がありますよ。 
たぶん上手い方だったら、とっくに自分のss900ieをピンクナンバーのバイクで追い越していくでしょう。
この屈辱だけは味わいたくはないね。 
総評します。 125ccスーパースポーツ。普通に走ると凄く遅いが、乗り方が分かると凄く速い。 
そして燃費が凄くイイ。リッター40㎞以上。 車体が軽い。 車検が無い。 
車の任意保険加入の方ならファミリーバイク特約が使える。 
シークレットですがコーナリングスピード1**以上は行けます。そしてハンドリングのヤマハ。 安定感はあります。
ですから自分は恐れています。 別のYAMAHA YZF-R125に抜かれるのでは?と。
まあ自分も他のYAMAHA YZF-R125見たこと無いから。 
たった125ccで15馬力の世界。 今まで無意味な感じでしたが、今凄く楽しい分類ですよ。 
人生考え方が変わるとは、この事です。IMG_3817 (1280x960) (1280x960)