FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう10万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。



木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



並列4気筒エンジン
暑い日が続いています。  今日休みで、バイクに乗りたっかったのですが、暑すぎです。

危険なレベルですね。 昔も暑かったけど、ちょっと今年は次元が違う感じ。  熱中症は急に意識を失う事もあるようで、

バイクなら凄く危ない。  乗りたいけど我慢します。

10万キロ㍍走行突破しそうな、自分のバイク DUCATI ss900ie。  前回タイミングベルト交換。

乾式クラッチも、そろそろヤバい感じ。 何とか中古をゲット。 そして燃料ポンプも。   

クラッチは何となくヤバい感じはあった。 ちょっと滑り気味? と思う時がある。

そして燃料ポンプもキーを回した時、一定時間、作動音するのだが、前とかなり違う音になった感じ。

2件とも出先で壊れたら帰れない。  今年も実家、新潟に帰ります。 

もちろんバイクで。 車でなんか帰りたくは無い。快適だけど、暑くてもバイクで帰省します。  

去年は帰り、濡れまくった。 もうイイよ、と思うくらい。 高速渋滞の中。 疲れたけど思い出に残りました。

だからバイクはやめられない。  辛いから乗るのです。  これが嫌だったら乗らない方が良いですよ。

快適では思い出に残らないと思うので。 普段マンネリ化している生活。 ちょと変えたいと思った場合、

バイクは凄く良いですよ。  きっと人生観が変わります。 

バイカーズステーション 8月号。  これは購入した方が良いですよ。

IMG_0586 (1280x960)
バイクエンジンの構造が分かり易い。  しかも日本製4気筒エンジンの特集です。日本の場合ss系は全て4気筒エンジンです。

一昔前、750cc4気筒エンジンと言えば車体が重い。  所有した事は無いですがそうみたい。
 
教習車も確かに重かった。 ちなみに自分のバイクは2気筒空冷エンジンなので、乾燥重量180㎏位いです。 

軽いですよ。  ヨッコイショ感は無い。 900ccですが。 こんな事を書くと2気筒L型エンジン良いのでは?

と思いますが、実は本気でコーナーを攻める場合、倒しこみは簡単だが、コーナリング中の安定感は少ない。

つまり自分でバイクの安定感を作らないと、かなり難しいバイクだ。 

中古相場で、DUCATIのバイク走行距離少ないのが多い理由。 それは憧れて買ったが、憧れと現実が、違い過ぎる為。

もったいない。 これが本来のバイクの乗り方と言う人はいます。 

今、現在のSS国産1000ccのバイク、4気筒エンジンなのに凄く軽い。 しかも、昔の400ccSSの様だ。

つまり小さい。 DUCATIパニガーレも自分のバイクより小さいと思う。 

何が言いたいか? それは昔、リッターバイクはデカい方が良い。 それは 初代 隼でも引き継いでいます。

このバイク乗った事がありますが(所有はしていません)、とにかく乗り易い。

コケル気がしないバイクと思いました。 そしてリッターバイクはカッコいい。 ですね。

そして今のss系の元祖ヤマハ YZF-R1で、大きいいss系リッターバイクが小さいバイクになりました。 

その恩恵がこの写真。
IMG_0588 (1280x960)
何気ない写真ですが、クラッチ部分が画期的です。 かなり上に付いており、エンジンの長さが短いようです。

しかもクラッチレバー部分が通常と逆さです。 これにはリスクがあると思います。

湿式クラッチの場合、レバーシャフト部分にオイルシールありますが、常に倒立なのでオイル漏れのリスクがあります。 

でも、あえてそれにしているので対策はしていると思います。 

このエンジンが後の軽量コンパクトSS系の基本になったらしい。乗ってみたいけど、無理かな。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ryou904.blog119.fc2.com/tb.php/2117-b47b71b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)