FC2ブログ
バイカーryou904
DUCATIの事、バイクプラモの改造過程を紹介します。
義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



904カウンター



プロフィール

ryou904

Author:ryou904
DUCATIの事、メンテナンス、走り、そして千葉房総の地域情報をアップし

たいと思います。バイクプラモの製作もアップします。

とうとう10万キロメートル越えのバイクです。 かなりマニアックなバイク

で、乗りこなすのが、課題です。 

乗りこなす為、日々努力しています。

最後のドカ空冷スーパースポーツです。悲しい事に、こ

の機種が最後のようです。



木更津在住です。 出身は新潟栃尾地区ですが、千葉が

大好きです。もちろん新潟も。あぶらげ旨いです。お酒

飲みの方には是非です。

かずさFMよく聴きます。サイマルラジオ、パソコンで

聴けます。ヨロシクです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


熱海バイクパトロール倶楽部

いなべ市グルメを

バイクと作る未来

LiBerTa

必見!勝ち組ホールが厳選する!パチンコ・パチスロ総付景品

ウィーーン☆壮年壮女合走團

F1 パドック・パス

嵐さずえ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自分のバイク。
自分のバイクは、名前の通りss900ieです。 ssとはスーパースポーツの意味です。 日本のss系とは全然違います。
パワーは、国産ss系の半分以下。そしてエンジン冷やすのは空冷フィンと言う板で冷やします。 要するに空冷エンジンです。
しかも2気筒エンジンで4バルブ。 1気筒2バルブです。 しかもカムシャフトが1気筒1本のOHCエンジン。 
古いエンジン形式です。 こんなの時代遅れだ。  確かにそうですが、楽しいエンジンです。  
パワーがあり過ぎてアクセル全開に出来ない。 これは無いです。 アクセルワイヤーが切れるのでないかと思うくらい
常にアクセル全開に出来ます。 パワーが無いのもあるが、しかし意外と速い。 
OHC 2バルブは下からの力はDOHCより車種により有るのですよ。上は無いけどね。
そして今シートを純正にした。 このss900ieは物凄い前傾姿勢で、シート位置が高いと言われます。 
購入した時、シートは最初から前のユーザーが滑り止め加工しており、おそらくアンコ抜きしていると思ったが、正解でした。
シート位置低い方が良いのでは?思うかもしれませんが、シートを跨いだ、上半身は重りと考えると、下手にアンコ抜きした場合
ヤジロベーの原理で傾きが鈍くなるのですよ。 ですからバイクメーカーはこのシート高は慎重に考え設定しています。
そしてハンドル位置。 自分のバイクは、初号機では無くマイナー後。 ハンドル位置が低すぎると指摘があったみたいで、
1㎝高くするスペーサーが入っていました。 今はそれを取り1㎝下げオリジナルにしました。 
前傾姿勢は格好キツイ。 しかも、シート位置が高いので取り回しが難しい。小柄な女性なら取り扱い無理だと思う。
だって座ってもサスペンションほとんど沈まないので。 しかし走り出せば関係無いですけど。 
なぜ外装がDUCATIイエローなのか? それは目立つ方が良いでしょう。 バイクは車にとって、すり抜けの場合、見落とす。
それよりこのDUCATIイエローのバイクが欲しかったから。 前の400SS時はDUCATIレッドだったので。 
なぜDUCATIのバイクなのか?それはやっぱり排気音です。 DUCATIのバイク排気音特徴があります。
実車見なくても排気音でDUCATIのバイクと分かりますよ。 
そして最後、このバイク乗りこなすのが永遠に難しいから飽きない。 だから10万㎞突破予定。
自分から怖がると極端に乗りにくくなる。 だから走行少ないDUCATIのバイクがオークション出ているのがかわいそう。
理想と現実が違うバイクはDUCATIのバイクかな。憧れて買ったけど難しい。 
バイクに乗せてもらっているのでは無くバイクをコントロールするのが本来と言います。 

IMG_0640 (1280x960)

バイクの基本に戻りましょう。バイクの安定感は自分で作るのです。 これが分かれば、DUCATIのバイク
分かりますよ。 
当ブログは、ほぼバイクのみです。
仕事で大変だ。 自分もあります。 予定通りに行かない。 心配だ。 上手く行かないからミスもあり得る。

ストレス溜まります。 そんな時はバイクに乗りましょう。 

こんなに快適では無く、雨が降れば濡れる、そして長距離走破は凄く疲れるバイクに乗れば、

今までに無い何かを得る事の出来るツールでもあります。

良い事無いね? と思う方はバイクは乘らない方が良い。

それだったら是非、快適な車に乗った方が良いですよ。 

何かを得られないが、普通の生活で思い出も残らないです。

バイクに乗ると人生変わります。 

知らない事が分かるようになりますよ。 だって、良いバイクですね?言葉を掛けると

決して迷惑と思うバイカーはいないです。そこです。 広げましょうよ。 
V4エンジン
信じられないかもしれませんが、36年以上前に400ccV4エンジンのVF400が存在していた。
当時は凄かった。 今みたいにコスト意識は無かった。 そしてVFR400Rの時は、凄すぎた。 今このバイク発売したら、値段にもよりますが、凄く売れると思う。
例え大型免許持っていても、使えるパワー。 これだと思う。 パワーが全てでは無い。 
最近のバイカーズステーション。 エンジンの特集が多い。
今回はV4。
IMG_0765 (1280x960)

このエンジンの絵はRC30エンジンである。当時このバイク148万円でした。 誰が買うのか?と思いましたが、プライベートチームにとって格安だった見たい。

とにかく熱かった時代があった。
公称パワーが全てでは無い。
ヤマハSDR200写真を見れば骨のバイク見たい。普通ならこんなバイク欲しくは無い。
でも当時、峠道 最高と言われたバイクです。 
バイクは馬力が多い方が有利だ。 確かにそれはある。 でも一般公道で200馬力使い切るのは現実的に無理だと思う。
今なんで市販車SS系が200馬力なのか?それはワールドスーパーバイク選手権の規制が厳しい為。 
市販車ベースのレース。 改造範囲が狭くなった それなら最初からパワーがあれば有利でしょう。
これが正解とは言えませんが、でも今のSS系は凄いです。 一生乗る事は無いと思う。 

最初に言います。 34馬力。非力だ。 そんなバイク所有感無い。 しかも排気量200㏄で。
残念なバイクだと思うがこのヤマハ SDR200実は最強です。

まず軽い。 これです。 何度も言いますが扱えるパワー。 これです。 他は何も言いません。
自分は自分のバイクを信じています。 以上。
ホイールリムプロテクタ
自分のバイクは後80㎞位で100,000㎞走破します。  外国製バイクで、そこまで行くのか?
もちろん整備は自分で。  意外と調子はいいです。 
タイヤ交換は? もちろん自分で。 当然タイヤチェンジャーは使いません。 タイヤレバーで。
バランスは? 最初は静的バランスをしていたが、意味が無いと分かり、やりません。 
時速300㎞出す訳では無いので。 
ホイールの傷は?  ある程度、覚悟は必要だ。 自分もホイールは綺麗にするのが好きだが、
走行していれば必ず飛び石の傷も出来る。 
盆栽バイクを目指してはいないので、ある程度の傷は気にしない。 
それより気持ちよく走れるバイクを目指した方が良いのかな。と個人的に思います。 
ホイールを外す。 車と比べると大変だ。 車なら、ナットもしくはボルトを外せば脱着できる。
フロントの場合、ブレーキキャリパーを外す場合があります。 リヤも一緒。 
リヤは、後のチェーン調整も必要。 面倒だけど慣れると簡単だ。
タイヤを外す。 思った以上に簡単です。 
必ずビートブレーカーと言う工具は必要です。 ビートとはタイヤの空気漏れを防ぐ部分なので、ホイールに
密着していて、外すのは硬いです。 これが落ちれば簡単。  とにかく、ビートをホイールの中央に抑える。 
要はタイヤに乗っかるのです。 保安基準で、大人の基準体重は55㎏です。 人間て意外と重いのですよ。
乗っかれば当然タイヤは潰れます。 変形して。 これに驚いてはいけない。 ここがポイント。
元に戻るかな?と思いますが元に戻ります。 
これは入れる時も一緒です。 これが出来れば簡単に交換できます。 ある程度ホイールの傷は覚悟しましょう。 
そして交換終わったら、ビートをホイールに密着させるビート起こし。
車載エアコンプレッサーで行けますよ。 もちろんエンジンを掛けてやります。 (タイヤによりダメな場合有り)
ビートプロテクタもくたびれてきた。
IMG_0761 (1280x960)
今回、マックツールで特売品があったのでホイールリムプロテクタ買ってみた。
IMG_0760 (1280x960)
構造的には一緒だ。 ただし今まで使用したのは、くたびれたみたい。 リムプロテクタ部分が広がっている。
IMG_0763 (1280x960)
今度フロントタイヤに使ってみる。